Iphone repair myself0 6iPhoneは通常、新品購入から1年間の保証期間があり、保証期間内に普通に使用していて、使った人に過失がなく故障した場合、無償で修理、交換をしてくれます。なので、故障した場合、保証期間内かどうか確認しましょう。こちらのAppleのサイトで確認できます。→保証状況とサービス期間を確認する-Appleサポート

iPhoneが故障したら、治す方法はいろいろあります。
いちばん確実なのはApple Storeです。Apple Storeの場合、故障したiPhoneは回収され、新品と交換になることが多いので、バックアップを事前に自分でしておかなければデータが無くなります。Appleの保険に入ってなければ修理代は高めです。

携帯ショップの場合、Appleの修理工場に送られるので、更に日数がかかります。

街の修理屋さん(非正規)の場合、故障した部分だけを交換するので、データは基本的に元のままです。Apple Storeより安く修理できますが、非正規のため、Appleの保証が受けられなくなります

そして、一番安く済ませる事ができるのは、iPhoneのパーツを購入して、自分で修理する方法です。
自分でiPhoneを分解して修理する方法は、ネット上でいろんな人が公開しており、修理パーツも購入できます。手先が器用でやる気があれば、素人でもできる事がほとんどです。

ただし、自分でiPhoneを分解、修理した場合、さらに故障したり不具合が起きる可能性もあります。そしてAppleの保証が受けられなくなりますので、挑戦される方は完全に自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

iPhoneを分解する際の注意点

iPhoneを分解する前には必ずデータのバックアップを取りましょう。
LINEはiTunesやiCloudを使っての復元では、トーク履歴が消える可能性があるので、LINEの機能でトーク履歴を保存して下さい。

そして、電源を切ってから分解を始めます。

iPhoneの中にはリチウムイオンバッテリーが入っています。このリチウムイオンバッテリーは空気に触れると発火しやすい性質を持っています。分解時に誤って先が尖ったもので穴を開けてしまったら発火する恐れがあります。僕はリチウムイオンバッテリーにピンセットで穴を開けてしまい発火させてしまいました。

下記の記事を参考にして、気をつけて作業をしてください。

iPhoneのバッテリーが発火!iPhoneのバッテリーを自分で交換する時に注意する事

Magnet sheet
また、外したネジやパーツは組み立てる時に分からなくなると困るので、上の写真のようなマグネットマットがあれば、外したネジやパーツを順番に並べて固定しておけるので作業中の保管に便利です。磁石で固定しておけるのと、マス目が便利です。

iPhone Xの修理方法

iPhone Xのフロントパネルを外す方法

iPhone Xのフロントパネルを外す方法

iPhone Xのバッテリー交換

iPhone Xのバッテリーを自分で交換する方法

iPhoneXのディスプレイ交換

iPhone Xのディスプレイを自分で交換する方法

iPhone8の修理方法

iPhone8のバッテリー交換

iPhone8のバッテリーを自分で交換する方法

iPhoneバッテリー固定テープの使い方(iPhone8,新iPhoneSE用)

iPhone8のディスプレイ交換

iPhone8のディスプレイを自分で交換する方法

iPhone7の修理方法

iPhone7のバッテリー交換

iPhone7のバッテリーを自分で交換する方法

iPhoneバッテリー固定テープの使い方(iPhone6/6s,7用)

iPhone7のディスプレイ交換

iPhone7のディスプレイを自分で交換する方法

iPhone6s / iPhone6の修理方法

iPhone6s / iPhone6のバッテリー交換

iPhone6/6sのバッテリーを自分で交換する方法

iPhoneバッテリー固定テープの使い方(iPhone6/6s,7用)

iPhone6sのディスプレイ交換

【修理】iPhone6sのディスプレイを自分で分解して交換する方法

iPhone6のディスプレイ交換

【修理】iPhone6の割れたディスプレイを自分で交換する方法

iPhone SEの修理方法

iPhone SEのフロントパネルを外す方法

iPhone SEのフロントパネルを外す方法

iPhone SEのバッテリー交換

iPhone SEのバッテリーを自分で交換する方法

iPhone SEのディスプレイ交換

iPhone SEのディスプレイを自分で交換する方法

iPhone SEのロジックボード交換

iPhone SEのロジックボードを外す方法

iPhone SEのLightningコネクタ・イヤホンジャックケーブル交換

iPhone SEのLightningコネクタ・イヤホンジャックケーブルを外す方法

iPhone SEのパワー・ボリューム・マナーフレックスケーブル交換

iPhone SEのパワー・ボリューム・マナーフレックスケーブルの外し方

iPhone SEのバックパネル交換

iPhone SE(初代)のバックパネルを自分で交換する方法

iPhone5s / iPhone5の修理方法

iPhone5s / iPhone5のバッテリー交換

iPhone5/5Sのバッテリーを自分で交換する方法

iPhone5のホームボタン交換

iPhone5のホームボタンを自分で交換してみました

iPhone3Gの修理方法

iPhone3Gのバッテリー交換方法

今更ですが、ヤフオクでiPhone3Gジャンクを落札して、修理(バッテリー交換)に挑戦してみました!

iPhoneの水没復活方法

自分で出来る!水没したiPhoneを3日で完全復活させる方法 水没したiPhoneから自力でデータを取り出すまでにした事

修理パーツの購入は「自分で修理.com」が便利

自分で修理.com」は自分で安くiPhoneの修理をする事を支えるサイトです。
何よりも日本の企業がパーツの品質を厳選してるので安心感があります。もちろんパーツに不具合があれば対応してもらえます。そしてもし自分で直せなかった場合、ヘルプ制度を使えば「自分で修理.com」が代わりに格安で修理してくれます。
即日発送、100日間保証があり、 便利な修理工具のセットもあります。
「自分で修理.com」は、Amazonアカウントがあれば簡単に購入できます。もちろんAmazonアカウントがなくても購入できます。

当ブログおすすめ「自分で修理.com」iPhone修理部品

「自分で修理.com」の交換キットは、交換に必要な修理工具が全て揃っているので便利です。修理工具無しも選べます。分かりやすいマニュアルも付いています。
IPhone myself Repair 1

iPhone 8 フロントパネル交換キット

iPhone 8 バッテリー交換キット

iPhone7 フロントパネル交換キット

iPhone7 バッテリー交換キット

iPhoneSE バッテリー交換キット

iPhone6s フロントパネル交換キット

iPhone6s バッテリー交換キット

iPhone6 フロントパネル交換キット

iPhone6 バッテリー交換キット

iPhone5c フロントパネル交換キット

iPhone5c バッテリー交換キット

iPhone5s フロントパネル交換キット

iPhone5s バッテリー交換キット

iPhone5 フロントパネル交換キット

iPhone5 バッテリー交換キット

iPhoneの修理に必要な道具

Apple製品などの修理情報で有名なiFixitの分解工具セット「iFixit Essential Electronics Toolkit 」は、iPhoneやMacの分解用ツールが揃っており、使いやすいのでオススメです。↓↓↓↓
Imac2010 ssd 1

・iPhone用星形ドライバー
iPhoneの特殊な星形のネジを回すのに必要です。この星形ドライバーが無ければiPhoneを開けれません。安い物や、おまけで付いてくるような星形ドライバーは、ネジ穴に合わない粗悪品も多く、ネジをなめてしまう危険性があります。しっかりした物を買うに越したことはありません。こちらは信頼できる日本製です。

・プラスドライバー00番
iPhoneの中は、「+」のネジがほとんどなので、 精密ドライバーの「+の00番」は必需品です。軸の部分が回転するタイプの方が作業が楽です。ANEX社製のドライバーは信頼できる日本製で定番です。

こちらのドライバーは、短いタイプです。用途や好みで選びましょう。

・Y型ドライバー000番
iPhone7から特殊なY型ドライバーが必須になりました。

・FLATPLUSドライバー
FLATPLUSドライバーは、ロジックボードなどを外すのに必要です。マイナスドライバーで代用もできますが不安定なので、あると便利です。

・ヘラ
プラスチック製のヘラは、分解箇所を傷付けないので便利です。折れやすいので何本かは欲しいです。

・スパジャー
スパジャーがあると、分解効率が上がります。こちらも分解箇所を傷つけず、両面で形が違うのでさまざまな用途に使えます。

・ピンセット
こちらのピンセットは先端がプラスチックなので分解箇所を傷つけにくく、静電気も溜まらなくなってます。iPhoneは先曲がりタイプの方が作業しやすいです。

・吸盤
吸盤は iPhoneのディスプレイを開けるのに必需品です。百均などの吸盤でも頑張れば開きますが、初心者にはこちらのようなオープナーがおすすめです。特にiPhone6s以降は耐水シーリングがあるため硬いので、iSclackがなければ厳しいです。

・マグネットマット
マグネットマットは外したパーツやネジを、無くさないように固定でき、分かりやすく保管できるので便利です。

スポンサーリンク
シェアしていただけると励みになります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう