IMG 8910b

iPhone8のバッテリーを自分で交換する方法をご紹介します。

iPhone8のディスプレイ交換はこちら↓↓↓

iPhone7のバッテリー交換はこちら↓↓↓

スポンサーリンク

iPhone8交換用バッテリー

IPhone 8 バッテリー交換キット

iPhone8のバッテリーは、Amazonなどでも購入できますが、商品により品質にかなり差があるので、iPhone修理パーツ専門店自分で修理.com 」のパーツをお勧めします。「自分で修理.com」は、Amazonアカウントがあれば簡単に購入できますが、なくても購入できます。
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
「自分で修理.com」iPhone 8 バッテリー交換キット

iPhone8の分解に使用する道具

iPhone7から、特殊なY字型ドライバー「特殊精密ドライバー Y000」が必須になります。iPhone8はバッテリー交換に「FLATPLUSドライバー」かマイナスドライバーも必要です。
Iphone7 display 30

文字にそれぞれ商品リンクを貼ってますのでチェックしてみて下さい。

左から
・アネックス(ANEX) 精密ドライバー 時計用 +00 No.76
・エンジニア 精密特殊ドライバー ペンタローブネジ用 DAP-01
・分解工房 特殊精密ドライバー Y000
・uxcell 携帯修理用ツールSpudger iPhone対応 ツールキット ツールスパッジャー4本
・エンジニア ESDピンセット 先細曲がりタイプ PTZ-43
・iSclack【iPhone5~6S対応オープニングツール】分解工房オリジナルロゴ版

iPhone8のフロントパネルの外し方

作業を始める前に、念の為iPhoneのバックアップを取り、電源を切ります。

バッテリーは事前に25%以下まで消費させておきます。残量が多ければ、万が一バッテリーに穴が空いた時に発火の恐れがあります。

はじめに、iPhone下部にある星型のネジ(ペンタローブネジ)を外します。このネジは特殊な形状なので専用の星型ドライバーが必要です。
IPhone8 battery 1

フロントパネルを外す前の確認です。
フロントパネルの右側にはケーブルが2箇所繋がっているので、ヘラなどを深く入れたり、開きすぎたら切れてしまうので注意が必要です。
上部にはツメが2箇所あるので、ホームボタン側から開きます。
IPhone8 battery 2b

iPhone8は、フロントパネルと本体の間に耐水シーリングがあるので、ホームボタン側の周囲を、iOpenerや、ドライヤーなどで温めてシーリングを柔らかくすると開きやすくなります。
IPhone8 battery 2c

フロントパネルを開けるには、iSclackなどのオープニングツールを使えば吸盤だけを使うより楽に開きます。
iSclackは、吸盤をホームボタン側に挟みます。
画面が割れていて開きにくい場合は、付属のシールか、テープなどを貼ります。
IPhone8 battery 3

iSclackなどのオープニングツールがない場合は市販の吸盤を使います。
iPhone6までとは違い、iPhone分解工具のセットになってるような小さな吸盤では硬くて開きません。
写真のような強力な吸盤フックが必要です。ホームセンターなどで200円代で売ってます。
Iphone7 open 8

ホームボタン側に吸盤を付けます。そして背面にも吸盤を付けて両手で慎重に引っ張りますが超硬いです。勢いよく開きすぎてケーブルが切れないか心配になります。
写真はiPhone7
Iphone7 open 9 2

フロントパネルを開ける時、このようなヘラだと深く入りすぎないので安心です。
IPhone8 battery 4

吸盤を使って少し開いた隙間にヘラを入れてシーリングを外しながらこじ開けてゆきます。
IPhone8 battery 5

上部にはツメがあるので、上部以外の周囲を剥がします。
IPhone8 battery 6

上部以外の周囲が剥がれたら最後に上部を下方向にひねって外します。
IPhone8 battery 7

上部のツメが外れたら、本を開くように右側に開きます。
この時はまだ矢印の位置でケーブルが繋がっているので、完全には開きません。写真のように支えがあると作業がしやすく安全です。
IPhone8 battery 8 2

+ネジを外し、金属プレートを外します。ネジは丸の色によってサイズが違います。
IPhone8 battery 9

バッテリーのコネクタを外して折り曲げておきます。こうすると通電してトラブルになることを防げます。
IPhone8 battery 10

フロントパネルから伸びてるケーブルのコネクタを外します。
IPhone8 battery 11

さらにもう1本のケーブルのコネクタを外します。
IPhone8 battery 12

3箇所の+ネジを外し、金属プレートを外します。
IPhone8 battery 13

フロントパネルから伸びているケーブルのコネクタを外します。
IPhone8 battery 14

iPhone8のフロントパネルが外れました。
IPhone8 battery 15

iPhone8のバッテリーの外し方

Wi-Fi用ダイバーシティアンテナを外す

赤線で囲んだ箇所にWi-Fi用ダイバーシティアンテナがあるので外していきます。
IPhone8 battery 16

2箇所の+ネジと1箇所のY000ネジを外し、金属プレートも外します。ネジは丸の色でサイズが違います。
IPhone8 battery 17

開口ピックなどを使い、スライドさせてケーブルを剥がします。
IPhone8 battery 18

Wi-Fi用ダイバーシティアンテナのコネクタを外します。
IPhone8 battery 19

Wi-Fi用ダイバーシティアンテナのコネクタを外す時に、下側のコネクタも持ち上がってしまうので、下側をヘラなどで押さえてアンテナケーブルを外します。
IPhone8 battery 20

Wi-Fi用ダイバーシティアンテナのコネクタが外れました。
IPhone8 battery 21

Wi-Fi用ダイバーシティアンテナを取り除きます。
IPhone8 battery 22

Taptic Engineを外す

Taptic Engineの2箇所のネジを外します。
1本が+ネジでもう1本が特殊なFLATPLUSネジです。FLATPLUSドライバーはマイナスドライバー(2.5ぐらい)でも代用できますが不安定なので慎重に回します。
IPhone8 battery 23

ダイバーシティアンテナを繋いでたコネクタを持ち上げます。
IPhone8 battery 24

Taptic Engineのコネクタを外します。
IPhone8 battery 25

ピンセットでTaptic Engineを取り出します。
IPhone8 battery 26

バッテリーを外す

iPhone8のバッテリーの中央付近にはQi の充電コイルがあるので、上下4箇所の短いバッテリーテープで固定されています。
コマンドタブ状なので矢印の方向に引っ張って剥がします。
IPhone8 battery 28 2

それでは、4箇所のバッテリーテープを剥がしていきます。
まずバッテリーテープの黒い部分をめくって剥がします。
IPhone8 battery 29 2

テープのベロを下に向かって慎重に引っ張ります。
この時に角度を付けて持ち上げすぎたり、シワになると切れやすくなりますので、なるべく角度を付けずに下に向かってゆっくり引きます。テープは伸びるので、長くなればたぐり寄せ、シワにならないように突っ張りながら根元を引っ張ります。
IPhone8 battery 30 2

テープが途中で切れてしまった場合は、ヘラを入れて剥がします。ボリュームボタン周辺のケーブルや中央付近のQiユニットに触れないように注意します。
バッテリーに穴が開くと、発火する恐れがあり危険です。先の鋭いピンセットやマイナスドライバーなどは絶対に使わないで下さい。

iPhone8のバッテリーが外れました。
IPhone8 battery 27

新しいバッテリーを取り付ける

あとは逆の手順で新しいバッテリーを取り付けます。
バッテリーを固定するには、市販の両面テープでも良いのですが、専用のバッテリーテープ(バッテリーグルー接着テープステッカー)があれば次回のバッテリー交換が楽になります。
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
[ iPhone 8 ] バッテリー シール ( 固定 用 両面 テープ )( アイフォン アイフ ォーン パーツ 修理 交換 部品 )

バッテリーテープの貼り方

Iphone8 tape 4
バッテリーテープ(バッテリーグルー接着テープステッカー)はまず試しに、フィルムを剥がさずに、バッテリーの上に置いて貼る位置を確認します。
一番大きな青いフィルムを剥がし、バッテリーにテープを貼り付けます。
次にベロの部分の2箇所の小さな青いフィルムを剥がしバッテリーに貼り付けます。
そして小さな赤のフィルムの部分のベロを貼り付けてから、赤のフィルムを剥がします。
最後に大きなピンクのフィルムを剥がします。

iPhone8のバッテリーテープの貼り方は、こちらの記事で詳しく説明しています↓↓↓↓

修理パーツの購入は「自分で修理.com」がおすすめ

当ブログ管理人 masa がお勧めするiPhoneパーツショップは、「自分で修理.com」です。
「自分で修理.com」は自分で安くiPhoneの修理をする事を支えるサイトです。
何よりも日本の企業がパーツの品質を厳選してるので安心感があります。もちろんパーツに不具合があれば対応してもらえます。そしてもし自分で直せなかった場合、ヘルプ制度を使えば「自分で修理.com」が代わりに格安で修理してもらうことも可能です。即日発送、100日間保証があり、 便利な修理工具のセットもあります。
「自分で修理.com」は、Amazonアカウントがあれば簡単に購入できます。もちろんAmazonアカウントがなくても購入できます。
下記のセットは、iPhone分解用の工具がセットになってるので便利です。
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
「自分で修理.com」iPhone 8 バッテリー交換キット



さいごに

自分でiPhoneのバッテリーを交換すれば、格安で済みますが、失敗するリスクもあります。

僕は一度、iPhone7の時にフロントパネルを開ける際、吸盤を使用したら勢いがつきすぎてケーブルが切れてしまいました。
なので自身のない方は、iSclackなどのオープニングツールの使用をお勧めします。
iSclackはフロントパネルが完全には開かない仕組みになっているので断線の心配はありません。

また、iPhone8には耐水機能がありますが、開封することにより、耐水機能がなくなります。
このようなiPhoneの分解や自己修理は、Appleの保証を受けられなくなります。そして故障や不具合の原因にもなります。試される方は自己責任でお願いします。

他のシリーズのiPhone修理記事はこちらで紹介しています↓↓↓

スポンサーリンク
シェアしていただけると励みになります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう