Iphone se 3

初代iPhone SEのコンパクトなサイズ感は良いですね。
見た目はiPhone5sながら、cpuやカメラはiPhone6sです。販売は終了しましたが、いまだにサポートが続いている現役モデルで、ファンも多くいます。
iPhone SE2は残念ながら同じサイズではなく、iPhone8のサイズになりました。iPhone SEの新品はもう購入できないので、中古で安く購入して、自分で外装を綺麗にしてみました。

この記事では初代iPhone SEのバックパネルを自分で交換する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ヤフオクで中古のiPhone SEを購入

iPhone SEをヤフオクにて、5,400 円で落札しました。softbank 64GBでネットワーク利用制限なしで普通に使えますが、外装がボロボロです。
Iphone se 2
フレーム部分は恐ろしく痛んでいます。
Iphone se 5
ディスプレイが浮いています。
Iphone se 6 2

eBayでiPhone SEのバックパネルとディスプレイを購入

現在、日本ではiPhone SEのバックパネルはなかなか手に入らないので、
僕は世界的なオークションサイトeBayで購入しました。「Rear Housing iPhone SE」と検索すれば見つかりました。
僕が購入したバックパネルは日本円で¥1,557ですが、クオリティが高く、本物とそっくりです。
ディスプレイは日本円で¥1,419 です。両方とも中国の深センからの発送です。
Iphone se 50

中国からの船での配送だからか、約1ヶ月かかりましたが到着しました。
写真左が新しいディスプレイ、中央が新しいバックパネルです。左はもとのiPhone SEです。
Iphone se 1

eBayで購入したiPhone SEのバックパネルです。
Iphone se 4

iPhone SEの分解を始める前に

iPhone SEの分解を始める前に、バックアップを取り、バッテリーの充電容量を25%以下に減らしておきます。充電容量が多いと、バッテリーにダメージを与えてしまった場合、発火の恐れがあります。

iPhone SEのバックパネルの交換方法

iPhone SEのバックパネルを交換するには、まずフロントパネルを外し、バッテリー、ロジックボードを初め、各種ケーブル類やパーツ類を取り外して新しいバックパネルに取り付ける必要があります。

①フロントパネルを外す

iPhone SEのフロントパネルを開ける際は、Touch IDのケーブルがあるので注意が必要です。フロントパネルを外す方法はこちらの記事で説明しています。

②バッテリーを外す

iPhone SEのバッテリーを外す方法はこちらの記事で説明しています。

③ロジックボードを外す

iPhone SEのロジックボードを外す方法はこちらの記事で説明しています。

④Lightningコネクタ・イヤホンジャックケーブルを外す

⑤パワー・ボリューム・マナーフレックスケーブルを外す

⑥バックパネルに付いてるその他のパーツを外す

バックパネルの中に組み込まれているパーツを外したら、最終的にバックパネルのフレームに固定されてるいくつかのパーツも外します。
※新しいバックパネルにこれらのパーツが付いてる場合は外す必要はありません。
・赤は、フロントパネルの爪をはめ込むパーツ
・黄色は、SIMカードトレイを取り出すパーツ
・青は、パワーボタンのパーツを引っ掛けるピン
・緑は、Lightningをはめ込む樹脂パーツ

Iphone se 55 2
僕のiPhone SEの場合、かなり使い込まれてたせいか、パワーボタンのパーツを引っ掛けるピンが全く抜けませんでした。このピンは新しいバックパネルには付いてなかったので、移植する必要がありました。
写真は新しいバックパネル
Iphone se 65a 2

力ずくでピンを取りました。
Iphone se 58 2

バックパネルの中のすべてのパーツが外れました。あとは逆の手順で新しいバックパネルに取り付けます。
Iphone se 57a

バックパネルとディスプレイの交換が完了しました。
Iphone se 69

バックパネルが新品になりました。かなり良い感じです。
Iphone se 67

iPhone SEのディスプレイの交換方法

iPhone SEのディスプレイを交換する方法はこちらの記事で説明しています。

修理パーツの購入は「自分で修理.com」がおすすめ

当ブログ管理人 masa がお勧めするiPhoneパーツショップは、「自分で修理.com」です。
「自分で修理.com」は自分で安くiPhoneの修理をする事を支えるサイトです。
何よりも日本の企業がパーツの品質を厳選してるので安心感があります。もちろんパーツに不具合があれば対応してもらえます。そしてもし自分で直せなかった場合、ヘルプ制度を使えば「自分で修理.com」が代わりに格安で修理してもらうことも可能です。即日発送、100日間保証があり、 便利な修理工具のセットもあります。
「自分で修理.com」は、Amazonアカウントがあれば簡単に購入できます。もちろんAmazonアカウントがなくても購入できます。
下記のセットは、iPhone分解用の工具がセットになってるので便利です。
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
「自分で修理.com」iPhoneSE バッテリー交換キット

「自分で修理.com」iPhone5s フロントパネル交換キット
(iPhone5sとありますがiPhone SE用と共通です)

iPhone SEの分解に使用する道具

Iphone6s repair tool

文字にそれぞれ商品リンクを貼ってますのでチェックしてみて下さい。

左から
・アネックス(ANEX) 精密ドライバー 時計用 +00 No.76
・エンジニア 精密特殊ドライバー ペンタローブネジ用 DAP-01
・uxcell 携帯修理用ツールSpudger iPhone対応 ツールキット ツールスパッジャー4本
・エンジニア ESDピンセット 先細曲がりタイプ PTZ-43
・iSclack【iPhone5~6S対応オープニングツール】分解工房オリジナルロゴ版

ロジックボードを外すには下記のFLATPLUSドライバーが必要です。

さいごに

iPhoneの分解や自己修理は、Appleの保証を受けられなくなります。そして故障や不具合の原因にもなります。試される方は自己責任でお願いします。

他のシリーズのiPhone修理記事はこちらで紹介しています↓↓↓

スポンサーリンク
シェアしていただけると励みになります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう