Iphone se 76

iPhone SEのバッテリーの交換方法をご紹介します。
なお、iPhone SEとiPhone 5Sは、構造が似ているので、この方法はiPhone 5Sにも流用できます。
ただし、パーツは共通のものと共通ではないものがあります。

スポンサーリンク

iPhone SEのバッテリーの交換方法

バッテリーを交換する前に

バッテリーを交換する前に、バッテリーの充電容量を25%以下に減らしておきます。充電容量が多いと、バッテリーにダメージを与えてしまった場合、発火の恐れがあります。なので、先が尖った物でバッテリーを傷つけないように注意が必要です。

フロントパネルを外す

フロントパネルを外すのは、各種修理に共通なので、こちらの記事でご紹介しています。⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

バッテリーのコネクタを外す

バッテリーのコネクタを固定している金属プレートのネジ2箇所を外し、金属プレートを外します。
Iphone se 24 2

バッテリーのコネクタをヘラで外します。
Iphone se 25 2

バッテリー固定テープを剥がす

作業する前に確認します。
バッテリーは、下の写真のように固定テープで貼り付けられています。
下部(写真右)に引き出す部分(ベロ)が折り畳まれています。
Iphone se 25 3 1

青矢印の部分にベロが畳まれて格納されています。
赤矢印の部分の穴にピンセットなどを差し込み、ベロの部分を引っ張り出します。
Iphone se 25 3 2

畳まれたベロが開きました。
Iphone se 25 3 3

ハサミでベロの中央を切ります。
Iphone se 25 3 4

ベロをゆっくりと引き出します。
Iphone se 25 3 4a

テープを慎重に引っ張りながら上まで剥がします。右も同じように剥がします。
もし、途中でテープが切れた場合、ヘラで慎重に剥がします。
ただし、上部には配線があるので避けましょう。
Iphone se 25 3 6

バッテリーが外れました。
新しいバッテリーをつける際、固定するのに両面テープでも代用できますが、外す時が大変です。バッテリー固定テープで固定するのがおすすめです。
iPhone 5s/iPhone SEのバッテリー固定テープの使い方
Iphone se 29

修理パーツの購入は「自分で修理.com」がおすすめ

当ブログ管理人 masa がお勧めするiPhoneパーツショップは、「自分で修理.com」です。
「自分で修理.com」は自分で安くiPhoneの修理をする事を支えるサイトです。
何よりも日本の企業がパーツの品質を厳選してるので安心感があります。もちろんパーツに不具合があれば対応してもらえます。そしてもし自分で直せなかった場合、ヘルプ制度を使えば「自分で修理.com」が代わりに格安で修理してもらうことも可能です。即日発送、100日間保証があり、 便利な修理工具のセットもあります。
「自分で修理.com」は、Amazonアカウントがあれば簡単に購入できます。もちろんAmazonアカウントがなくても購入できます。
下記のセットは、iPhone分解用の工具がセットになってるので便利です。
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
「自分で修理.com」iPhoneSE バッテリー交換キット



iPhone SEの分解に使用する道具

Iphone6s repair tool

文字にそれぞれ商品リンクを貼ってますのでチェックしてみて下さい。

左から
・アネックス(ANEX) 精密ドライバー 時計用 +00 No.76
・エンジニア 精密特殊ドライバー ペンタローブネジ用 DAP-01
・uxcell 携帯修理用ツールSpudger iPhone対応 ツールキット ツールスパッジャー4本
・エンジニア ESDピンセット 先細曲がりタイプ PTZ-43
・iSclack【iPhone5~6S対応オープニングツール】分解工房オリジナルロゴ版

さいごに

iPhoneの分解や自己修理は、Appleの保証を受けられなくなります。そして故障や不具合の原因にもなります。試される方は自己責任でお願いします。

他のシリーズのiPhone修理記事はこちらで紹介しています↓↓↓

スポンサーリンク
シェアしていただけると励みになります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう