Iphone x battery exchange 00

iPhone Xのバッテリーを自分で交換する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

iPhone Xの分解に使用する主な道具

iPhone7以降、iPhoneの分解には特殊なY字型ドライバー「特殊精密ドライバー Y000」が必須になります。
Iphone7 display 30

文字にそれぞれ商品リンクを貼ってますのでチェックしてみて下さい。

左から
・アネックス(ANEX) 精密ドライバー 時計用 +00 No.76
・エンジニア 精密特殊ドライバー ペンタローブネジ用 DAP-01
・分解工房 特殊精密ドライバー Y000
・uxcell 携帯修理用ツールSpudger iPhone対応 ツールキット ツールスパッジャー4本
・エンジニア ESDピンセット 先細曲がりタイプ PTZ-43
・iSclack【iPhone5~6S対応オープニングツール】分解工房オリジナルロゴ版

iPhone Xのフロントパネルの外し方

まずはフロントパネルを外します。
iPhone Xのフロントパネルの外し方は、こちらの記事でご紹介しています。

iPhone Xのバッテリー交換方法

バッテリーを外すためには、「TAPTIC ENGINE」と「ラウドスピーカー」を外す必要があります。
Iphone x battery exchange 1

バッテリーとロジックボードを繋いでいるコネクタを外します。
Iphone x battery exchange 2 2

TAPTIC ENGINEやラウドスピーカーの上の金属バーを外します。
ネジの形が2種類あるので、まずは+ドライバーで+0のネジを外します。
青丸赤丸緑丸でネジの長さが違います。
Iphone x battery exchange 3 2

次に、Y字型ドライバーでY000ネジを外します。
青丸赤丸緑丸黄丸でネジの長さが違います。
Iphone x battery exchange 4 2

まだ金属バーは外れません。ラウドスピーカーの上の小さな金属プレートを外します。
Iphone x battery exchange 5

金属バーのコネクタを外して、金属バーを外します。
Iphone x battery exchange 7 2

ラウドスピーカーのコネクタを外します。
Iphone x battery exchange 8 2

ラウドスピーカーを矢印の方向から持ち上げて外します。ラウドスピーカーの音が出る方は粘着テープで張り付いてるので、グリグリと外します
Iphone x battery exchange 9 2

ラウドスピーカーが外れました。
Iphone x battery exchange 10

TAPTIC ENGINEのコネクタを外します。
Iphone x battery exchange 11 2

TAPTIC ENGINEが外れました。
Iphone x battery exchange 12

いよいよバッテリーを外します。
バッテリーは、専用の特殊なコマンドタブ状の両面テープで固定されています。
矢印のところ4箇所にベロがあるので、引っ張って剥がします。
Iphone x battery exchange 13 2

ちなみに、iPhone Xの「バッテリーグルー接着テープステッカー」こんな感じです。これを踏まえて引っ張ります。
Iphone x battery exchange 19

バッテリーのベロの部分を剥がします。
Iphone x battery exchange 17 2

ベロの部分を慎重に引っ張ります。左右にギコギコしながら、切れないように、ゆっくり引っ張ります。万が一切れてしまったら、ヘラを差し込んで剥がします。
Iphone x battery exchange 21

反対側も同様に、全て剥がします。
Iphone x battery exchange 18

バッテリーが外れました。
iPhone Xのバッテリーは、2個のバッテリーをケーブルで繋いでいるだけなので、持ち上げるときは2個を同時に支えます。

Iphone x battery exchange 22

新しいバッテリーを取り付ける

今回購入したバッテリーはこちらです。固定テープと、耐水シーリングも付いてるので便利です。

左がamazonで購入したバッテリー、右が純正バッテリー。
Iphone x battery exchange 25

バッテリーの固定テープは、フィルムを剥がす前に、バッテリーの上に置いてイメージをつけます。青の線のところで折って貼り付けます。
Iphone x battery exchange 27 2

片方の青いフィルムを剥がし、テープを貼り付け、反対側も同様に貼り付けます。
そしてベロの部分は折り返してバッテリーに貼り付けます。
Iphone x battery exchange 28

バッテリーに固定テープが貼れました。
バッテリーを本体に取り付ける際は、いきなり貼り付けず、コネクタの位置を合わせ、少し浮かせた状態で、コネクタを接続してから貼り付けるとうまくいきます。

Iphone x battery exchange 31

耐水シーリングを貼る場合は、元の耐水シーリングを綺麗に剥がしてから貼り付けます。ちなみに写真の青い部分は、台紙のフィルムです。耐水シーリングは周りの黒い部分です。
Iphone x battery exchange 32

あとは逆の手順で組み立てます。

新しいバッテリーが取り付けられました。
Iphone x battery exchange 33

フロントパネルも取り付けたら電源を入れます。
電源ボタンを押しても電源が入らない場合は、電源ケーブルに繋げば電源が入ります。それでも電源が入らなければ、コネクタが外れてる可能性があります。

さいごに

iPhone Xは、内部も大きく変わりましたね。
iPhone Xのバッテリー交換は、「TAPTIC ENGINE」と「ラウドスピーカー」を外す必要があり、iPhone7と比べ外すパーツが増えました。そして巨大化したバッテリーを取るためには、4本もの固定テープを根気よく剥がす必要があります。

iPhoneの分解や自己修理は、Appleの保証を受けられなくなります。そして故障や不具合の原因にもなります。試される方は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう