Lightning Digital AV 1

最近自粛が続いて、自宅にいる時間が長くなりましたね。
iPhoneやiPadでYouTubeHuluなど、動画コンテンツを楽しんでる方も多いかと思いますが、これらの動画はTVに繋げばTVの大画面で見ることができます。
iPhoneやiPadの画面をTVに映し出す方法はいくつかありますが、今回は一番簡単なApple Lightning Digital AVアダプタを使います。

この記事では、Apple Lightning Digital AVアダプタを使い、iPhoneやiPadの映像をTVに映し出す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Apple  Lightning Digital AVアダプタ

それでは、Lightning Digital AVアダプタを見ていきましょう。
Lightning Digital AV 6

パッケージはいつも通りシンプル。
Lightning Digital AV 3

左がHDMI出力、右が充電用Lightningコネクタです。
Lightningコネクタに、Lightningケーブルを繋いだら充電しながら使えます。
Lightning Digital AV 4

Lightning Digital AVアダプタの使い方

今回使用したiPhoneは、iPhone11ProでiOSのバージョンは、iOS13.4です。
Iphone11pro 6 a

まずはHDMIケーブルをTVのHDMI入力端子に繋ぎ、TVの画面をHDMI入力画面に切り替えます。
Lightning Digital AV 7

HDMIケーブルの反対側をApple Lightning Digital AVアダプタにを繋ぎ、iPhoneに接続します。
Lightning Digital AV 5

iPhoneがTVを認識したら、ロック画面の場合、矢印のマークが表示されてiPhoneの映像がTVに表示されます。
Lightning Digital AV 2 2

iPhoneの画像を、自宅のTVに出力したところ。 ミラーリングなので、iPhoneの画像が、そのままTVに映ります。
Lightning Digital AV 8

写真を表示しました。ピンチアウトで画像拡大にも対応しています。
DSC 0036

Googleマップを出力したところ。
Lightning Digital AV 9

iTunesの映画を再生したところ。
動画を再生すると、TVはフル画面になり、iPhoneの画面は、外部出力用の画面になります。
Lightning Digital AV 13

YouTubeを再生したところ。
Lightning Digital AV 11

Huluを再生したところ。
Lightning Digital AV 12

さいごに

YouTubeなどの動画コンテンツを大画面のTVで見られるのは嬉しいですね。
もちろんiPhoneで撮影した写真や動画をTVに映せるので、家族や友人と見れるのも良いですね。

このLightning Digital AVアダプタですが、元の解像度は、1920×1080(フルハイビジョン)でも、この変換プラグで出力すると、いちど1600×900に圧縮されてから、1920×1080にアップスケールされるそうです。
Lightningは生のHDMI信号を通せないので、いちど圧縮してから変換して、また元の大きさにもどしてるみたいです。 その為、この変換プラグの中には映像の調整をする小さなコンピュータが入ってるそうです。 値段が高い理由がわかりました。
フルハイビジョンより若干画質が落ちますが、DVDの解像度の720×480と比べると、全然綺麗です。 最高画質にこだわった映画を見ない限り、十分です。

スポンサーリンク
シェアしていただけると励みになります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう