Macに合う外付DVDドライブは純正しかない!Apple USB SuperDriveをレビュー

Superdrive5

今更ですが、Apple純正の外付DVDドライブ「Apple USBSuperDrive MD564ZM/A」を購入しました。

僕はここ数年間、DVDドライブ(光学ドライブ)を使っていませんでした。
以前、iMac mid2010を使っている時は、内蔵のDVDドライブがあったので、DVDを作成したり、リッピングをしたりしていました。

しかし、約4年前にiMac内蔵のDVDドライブが潰れてからは、あまりDVDドライブの必要性がありませんでした。最近のMacにはDVDドライブが搭載されなくなり、映画も音楽もダウンロードの時代になりました。
僕のiMac 2017 27インチにもDVDドライブはありません。

ですが最近、古いDVDのデータ保存のため、外付DVDドライブを購入する事を決めました。

スポンサーリンク

Apple USB SuperDriveを選んだ理由

下記がApple USB SuperDriveの規格です。
外付DVDドライブは、各メーカーから様々なモデルが販売されていますが、どのモデルも性能自体はほぼ下記のようになっていてApple USB SuperDriveと同じです。

読込速度 最大8倍速
書込速度 最大8倍速
対応メディア DVDやCDの全ての標準規格

違いがあるとすれば、USBが3.0か2.0か、USBの形状は従来のAタイプかCタイプか、メディア挿入方式はスイッチ式かスロットイン式、そしてデザインです。

USBの規格
まず、Apple USB SuperDriveのUSBですが、USB2.0のAタイプです。読込・書込速度は最大8倍速になります。USB3.0になると読み書きがさらに早くなりますが、最大8倍速でも十分に早く、頻繁に使うわけでもないので特に気になりません。

USBの形状
USBの形状ですが、最近のiMacにはUSB-Cと従来のUSB-Aが両方あります。なので現行のiMacは問題ありませんが、現行のMacBook ProやMacBookにはUSB-Cのみしかありません。

Apple USB SuperDriveはUSB-Aなので、USB-Cに接続する場合、下記のような変換プラグが必要になります。Apple純正なら確実ですが、安価なサードパーティ製もありです。

メディア挿入方式
DVDやCDなどのメディア挿入方式ですが、スイッチ式はディスクがトレーごと出てくるタイプです。故障時も強制イジェクトボタンがあるので安心です。
Apple USB SuperDriveはスロットイン式なので、ディスクのみが出てくるタイプです。スマートでかっこいいのですが、強制イジェクトボタンがないので故障時は分解が必要です。安価なサードパーティー製のDVDドライブにもスロットイン式がありますがそちらは不安なので、純正を選びました。

Apple USB SuperDriveレビュー

箱の表と裏です。いつも通りシンプルです。
Superdrive6

蓋を開けるとすぐに本体が現れます。こちらもおなじみのパッケージです。
Superdrive7

Apple USB SuperDriveを取り出します。
Superdrive8

内容はApple USB SuperDriveとユーザーズガイドのみです。
Superdrive9

Apple USB SuperDriveの筐体はMacと同じアルミニウムなので、Macと相性抜群です。
Superdrive11

前面にDVDスロット、背面にUSBケーブルのみで、ボタン、ランプなどは何もありません。
シンプルで洗練されたデザインです。
Superdrive10

裏面の見えない所にAppleマークがあります。
円の部分がラバー素材になっており、滑り止めになります。
Superdrive12

背面には、USB2.0のAタイプのケーブルが直付けになっています。
直付けなので、ケーブルを無くす心配はありませんが、根本の部分が断線しやすそうなので注意が必要です。
Superdrive13

初代のMagic Trackpad(右)と並べてみました。
Superdrive14

USB-Cポートに繋ぐ場合は、このようなUSB-A USB-C変換アダプタを使えば可能です。
DSC 0465

iMacに設置してみました。デザインが調和しててGoodです。
ちなみにApple USB SuperDriveは、USBハブ経由では動作しません。Macに直差しか動作しないように制御されてるみたいです。その点はちょっと残念です。
Superdrive15

DVDをスロットに差し込み、軽く押したらスルスルっと吸い込まれました。
Superdrive19

OS X標準装備のDVDプレーヤーが自動的に立ち上がり、DVDが再生されました。このDVDプレーヤーアプリを見るのは約4年ぶりで懐かしいです。
再生中、ドライブ自体はとても静かです。
Superdrive16

ディスクの取り出しに、Mac純正キーボードのイジェクトボタンを押してみます。
Superdrive18

すると画面にイジェクトアイコンが現れ、キュイーンとDVDが出て来ました。
Superdrive17

無事に古いDVDのデータを保存することができました。僕が使用したソフトはMacX DVD Ripper Proです。詳しくは言えませんが、このソフトはある強力な機能でDVDをコピーすることが可能です。

※2018年現在、日本では購入やレンタルしたDVDのコピーガードを外してコピーする事は違法になります。

スポンサーリンク

まとめ

今回、外付DVDドライブの購入を検討した結果、Apple USB SuperDriveを選んで正解でした。
少し高めですが、デザインが良く、サードパーティー製とは違い、Macとの相性を確認する必要は無いので安心感があります。
Macに繋げばすぐに使え、内蔵ドライブとして認識するので使い勝手も抜群です。

しかし、AppleはiTunesなどダウンロード販売に力を入れているためか、Apple USB SuperDriveはずっとアップデートされていません。もしかすると近い将来、廃盤になるかもしれません。
気になる方は早めに検討を。

シェアしていただけると励みになります

フォローしていただけるとブログの更新情報が届きます

こちらも是非「いいね」をよろしくお願いします!



 


Add Friend      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA