iPhoneのブックマークをMacとiCloudで整理してみた

iPhoneでネットを見ていると、とりあえずブックマークに保存する事が多く、Safariのブックマークがゴチャゴチャになってしまいます。

私はiPhoneのブックマークはiCloudでMacと同期しています。

iPhoneでブックマークを整理すると、Macの方がきれいに反映されません。私はMacを使ってそれを解決しています。

 

iPhoneのブックマークをMacとiCloudで整理する手順

Macのsafariのツールバーにある「ブックマーク」を選択し、「すべてのブックマークを表示」をクリック。

すると、サイドバーに

「ブックマークバー」
「ブックマークメニュー」
「ブックマーク」

が表示されます。

「ブックマークバー」「ブックマークメニュー」はMacのsafariのブックマークでiPhoneと共通です。一番下の「ブックマーク」はiPhoneだけのブックマークです。

このサイドバーを使ってブックマークを整理する事ができます。

ここで整理したブックマークは、iCloudを通じてiPhoneにも反映するのですが、順番が変わったり、重複する事がよくあります。

そこで、iCloudのブックマークを一度全部削除してから入れ直すと、正しく入れる事ができます。

しかし、iCloudのブックマークは、「連絡先」や「メモ帳」などのように見たり編集できるツールがありません。なので、iPhoneを使います。
最初にMacのiCloudのsafariを必ずオフにしておきます。
※オンにしたままだとiPhoneのブックマークを削除したら、iCloud内とMac内のブックマークも全て削除されてしまいます。

o0480034612445678633

 

iCloudのブックマークを削除するには、iPhoneのiCloudのsafariをオンにしている状態で、iPhoneのブックマークを全て削除します。

o0480085212445678617

 

そうすると、自動的に空の状態を同期するので、iCloudのブックマークも空になります。
これで綺麗に何もなくりました。

今度はiCloudにブックマークを入れます。

ここで、最初にオフにしたMacのiCloudをオンにします。

o0480034612445678624

これで、Macのブックマークが一気にiCloudに流れ込み、さらに空の状態のiPhoneにも流れ込みます。
みるみるうちに同期していくので、見ていて爽快です。

 

まとめ

①MacのiCloudのsafariをオフにする

②iPhoneのiCloudのsafariがオンの状態で、iPhoneのブックマークを全て削除する

③MacのiCloudのsafariをオンにする

 

これでiPhoneのブックマークがスッキリしました!しかし、iCloudのブックマークは保存したり、復元できる機能がないので、不安です。

間違って「空」を同期したら、iCloudを通じて全ての同期しているデバイスのブックマークが削除されてしまいます。

そこで、ブックマークを保存、復元、同期できるウェブサービスのXmarksが便利です。これは異なるブラウザ、os、デバイス間で同期ができます。

ただし、iPhoneのsafariのブックマークには対応してませんので、異なるブラウザ間や異なるPC間はXmarks、PCとiPhone間はiCloudというように、両方を使う事で、互いを補えます。

みなさんも、iCloudとXmarksを使ってブックマークを管理してみてはいかがですか?

SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend      

o0480034612445678624

Facebookでメッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA