【開封レビュー】デザイン一新!「Apple Watch Series4 ゴールドアルミニウムケース 40mm」を購入しました!

Watch4 gold25a

ついにApple WatchがSeries4 になり、デザインが一新しました。

僕はNikeとのコラボモデルの「Apple Watch Nike+ スペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド」を予約開始と同時に注文しましたが、発売日が通常モデルよりも後だったので、後から注文した「Apple Watch
ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンド
」が先に届きました。

発売から約1ヶ月経ちますが、開封レビューを行います。

関連記事

スポンサーリンク

「Apple Watchゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンド」レビュー

僕が購入したのは、「Apple Watchゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンド 」で、サイズは40mmセルラーモデルです。

それでは見ていきましょう。まずはApple Watchの箱です。
正面から見ると、Series3までのアルミニウムケースモデルの箱に似ていますが、WATCHの刻印がシンプルになっています。
Watch4 gold1

WATCHの刻印は色なしの凹凸です。
Watch4 gold2

この箱ですが、裏返すと仕掛けがあります。
Watch4 gold3

この引っかかりを外すと・・・
Watch4 gold4

箱が開きました。ケーキの箱を思い出します。
内側にはカラフルなApple Watchのイラストがあり、楽しい気分になります。
このパッケージの中から、さらに箱が出てきました。
Watch4 gold5

上は、Apple Watch本体やアクセサリー類の箱。
そのさらに下にはバンドの箱がありました。
Watch4 gold6

Appleさん、考えましたね。
今まではApple Watch本体にバンドが装着された状態で梱包されてました。
今回はApple Watch本体の箱と、バンドのみで販売するときの箱のまま一緒に梱包することで、バンドと本体の組み合わせがしやすくなり、作業工程を減らし、在庫調整や管理もしやすくなりました。
Watch4 gold7

Apple Watch本体の箱を開けると、ケースに入った本体と取説類が現れました。
Watch4 gold8

取説類の下には1mの充電ケーブルとUSB電源アダプタが入っています。
本体にバンドが付いていない新しいパッケージ方法です。
ちなみに充電ケーブルの長さは、初代のみ2mでSeries1から1mに半減しています。
Watch4 gold9

Apple Watch本体は、起毛素材のケースに入っています。
Watch4 gold10

Apple Watch本体の登場です。フィルムは付いていません。
Series3の ステンレススチールケースの38mmと比べて、ひとまわり大きく、薄く、軽く、丸っこい印象です。
Watch4 gold11

今度はケースを見ていきます。
付属のケースは「ピンクサンドスポーツバンド」です。ステンレススチールピンはゴールドになっています。バンドのみ購入すると、ピンの色がシルバーになります。
40mm用になっていますが、Series3までの38mm用と同じサイズです。
S/MとM/Lのサイズのバンドが付属します。
Watch4 gold12

上のケースは、単品で購入したケース(40mmケース用ブルーホライゾンスポーツバンド)です。付属のケースの箱と同じですが、左側に陳列用の掛けるアレが付いています。
Watch4 gold13

付属のピンクサンドスポーツバンドを装着しました。
Watch4 gold14

ピンクサンドスポーツバンドは、本体のピンクっぽいゴールドに合いますね。この組み合わせは女子が着けるとかわいい感じです。
Watch4 gold15

それではいろんな角度から見ていきましょう。
まずは正面です。
Watch4 gold17

右側面です。
右のデジタルクラウンのセルラーモデルの赤い部分は周囲だけになって抑えられています。
左のサイドボタンとの間にマイクが移動しています。
Series3の38mmと比べ、0.7mm薄くなりましたが、裏蓋が黒いのでより薄く見えます。
Watch4 gold22

Watch4 gold19

デジタルクラウンとサイドボタンはSeries3と比べ薄くなりましたが、両方とも物理ボタンのままで、噂の感圧式ではありません。
Watch4 gold16

デジタルクラウンは従来と違い、アプリにより、回すと触覚的な反応を返します。まるで物理的な竜頭がカタカタ動いてるような感じです。電源が入ってるときに限ります。
Watch4 gold18

左側面にはスピーカーの穴が大きく縦に2個開いています。
Watch4 gold20

ディスプレイは本体の丸みに沿った曲面ガラスです。従来よりカーブが緩やかになり若干薄くなったように見えます。
Watch4 gold21

裏蓋は全面セラミックとサファイヤクリスタルになりました。
中央に心拍数をチェックできる「光学式心拍センサー」があります。この機能は初代からありあます。
今回新たに電気心拍センサーを搭載したので、心電図の計測ができるようになりましたが、記事執筆現在、日本は未対応です。
また、新しいジャイロセンサーと加速度センサーの搭載により、転倒を検出できるようになりました。転倒するとSOSアプリが起動して緊急連絡をすることができます。
Watch4 gold23

それではアクティベーションしてApple Watchを設定します。
iOS11以降のiPhoneは、近づけると簡単に設定できます。
Watch4 gold24

設定が完了しました。
文字盤が大きく表示領域が広いです。
Watch4 gold26

手持ちのブラックスポーツバンドに交換しました。好きな色の組み合わせです。
38mm用ですがサイズは同じです。
Watch4 gold40

装着してみました。今までSeries3のステンレススチール38mmを使ってたので、アルミはすごく軽いです。文字盤は大きくなり見やすくなりました。
Watch4 gold41

ベゼルが細くなり、ディスプレイが大きくなりました。
ディスプレイの角はiPhone Xのように丸くなっています。
Watch4 gold43

ディスプレイが拡大したので、ホーム画面のアプリのアイコンも大きくなり押しやすくなりました。
Watch4 gold42

右側面下のサイドボタンをダブルクリックすると、Apple Payが立ち上がります。
この機能はSeries2から対応しています。
Watch4 gold44

Series4の新しい文字盤

Infograph(インフォグラフ)
表示領域が拡大したので、コンプリケーションを最大8個まで設置できるようになりました。
Watch4 gold45

Infograph Modular(インフォグラフ・モジュラー)
従来のモジュラーと比べ表示できる情報量が増えました。コンプリケーションを6個まで設置でき、従来のモジュラーよりリッチな表現ができるようになりました。
Watch4 gold29

万華鏡
幾何学模様が美しいです。
万華鏡を回したときみたいに、ゆっくりと変化します。デジタルクラウンを回せば自由に動きます。
Series4 はフルスクリーンと円形を選べます。Series3までは円形のみになり、フルスクリーンは選べません。コンプリケーションは円形のみ表示できます。
Watch4 gold38

呼吸
神秘的な動く映像です。文字盤をタップすると「呼吸」アプリが起動します。
Watch4 gold30

実写シリーズ

下記の文字盤は実際にAppleが撮影して作った動く映像です。
Series4 はフルスクリーンと円形を選べます。Series3までは円形のみになり、フルスクリーンは選べません。コンプリケーションは円形のみ表示できます。

FIRE AND WATER
左「火」と右「水」の動く映像(実写)です。
Watch4 gold46

LIQUID METAL
液体金属の動く映像(実写)です。シルバー、ゴールド、ブラックがあります。
下の写真の左がゴールド、右がブラックです。
Watch4 gold47

VAPOR
煙の動く映像(実写)です。
ピンクオレンジ、白黒、ブルーグリーンがあります。
Watch4 gold48

各色スポーツバンドに付け替えてみた

手持ちのスポーツバンドに付け替えて色の組み合わせを確認してみました。
左から、ホワイト、ピンクサンド、グレイ、ブラック、ブルーホライゾン
Watch4 gold49

まずは付属のピンクスポーツバンドです。
Watch4 gold50

ホワイトスポーツバンドです。
Watch4 gold51

グレイスポーツバンド
Watch4 gold52

ブラックスポーツバンド
Watch4 gold40a

ブルーホライゾンスポーツバンド
Watch4 gold53

スポンサーリンク

まとめ

Apple Watch Series4はデザインが一新され、よりスタイリッシュになりました。
本体サイズは若干大きくなっただけですが、ベゼルが薄くなったため、ディスプレイがかなり大きくなり、見やすく操作もしやすくなりました。
そしてS4プロセッサは、S3と比べて2倍高速になっただけはあり、超サクサク動くので快適です。
ゴールドアルミニウムケースは上品なピンクに近いゴールドで、付属のピンクサンドスポーツバンドのままだとかわいらしくなってしまうので、僕はブラックスポーツバンドとの組み合わせが気に入っています。

関連記事

シェアしていただけると励みになります

フォローしていただけるとブログの更新情報が届きます

こちらも是非「いいね」をよろしくお願いします!



 


Add Friend      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA