2012 03 04 13 10 16

私のお気に入りの初代iPhone 8GBです。2012年2月に中古の初代iPhoneを購入しました。

初代iPhoneは2007年1月9日発表され、同年6月29日にアメリカで発売され、日本では未発売だったのですが、Appleファンの私はどうしても欲しくなりいろいろ探しましたが、日本では全く売ってませんでした。そこでアメリカで販売してる物だから、直接アメリカから買えばいいと思い、アメリカのオークションサイトのebayにたどり着きました。私にとって海外のオークションサイトはかなり敷居が高かったのですが、頑張って初代iPhoneを購入することができました。

スポンサーリンク

初代iPhoneをebayで落札

アメリカのオークションサイトの「ebay」にてUS85,25ドル、日本円で当時6,872円で落札しました。

初めての海外のオークションだったので不安でしたが、ebay公認の日本向け代行サービス「セカイモン」を利用すれば、ebayの商品を簡単に購入できることが分かり、利用しました。

「iPhone 1st Generation」で検索したら、たくさん出てきました。

下記は、私が落札したiPhoneのセカイモンのページです。
IMG 0840

下記は、かかった費用です。セカイモンを利用すると、安心してアメリカのオークションができますが、手数料がかかります。

落札価格はUS85,25ドル(6,872円)※上のページの写真の価格とは円相場が変わってます。

セカイモン手数料1,030円

送料2,464円(米国内と国際配送料)

合計10,366円

スクリーンショット 2012 03 04 15 57 29

落札してから手元に届くまで、約10日ほどかかりました。
初代iPhoneは通信方式がGSM(2G)なので、残念ながら日本では携帯電話として使用できません。
さらに、初期化されていましたので、AT&TのSIMカードが無ければアクティベーションできず、iPodとしても使う事ができませんでした。
いろいろ調べた結果、脱獄したら、アクティベーションできる事がわかり、届いてから3日ほどかかりましたが、なんとか無事に使う事ができるようになりました。
もちろん現在のアプリは、ほとんど対応していません。
最新のiPhoneと比べたら、スピードが遅いですが、通話機能以外は使う事ができます。
日本では未発売の貴重な初代iPhone。アルミボディのデザインも素晴らしいです。

初代iPhoneの外観

初代iphoneの 画面は3.5インチです。メタルフレームはクロムメッキ仕様です。中古なので、全体的に多少細かい傷はありますが、綺麗な方だと思います。
IMG 8713

ドック周りのデザインです。
IMG 8710

ボディはアルミと黒の樹脂です。アルミは電波を通さないので、電波用に黒の樹脂が使われています。
IMG 8706

カメラは背面カメラのみで2.0メガピクセルです。
IMG 8707a

左から、イヤフォンジャック、Simカードトレイ、電源ボタン
IMG 8708a

Simカードトレイを出したところ、Simカードは入ってませんでした。
IMG 8711

左側面にはマナースイッチとボリュームボタンがあります。ボリュームボタンは一体型です。
IMG 8709

左がiPhone3GS、右が初代iPhone
ボディはiPhone3GSと比べて、一回り小さいです。
IMG 0842

右が初代iPhone、左がiPhone6です。
サイズは全く違いますが、アルミのデザインはよく似てます。
IMG 2625

電源を入れたところです。
IMG 0835

AT&TのSIMカードがないので、通常ではアクティベーション画面から進みません。
IMG 0839

脱獄したファームウェアを入れてアクティベーションしたら、無事に使えるようになりました。
アイコンは、懐かしいデザインです。
2012 03 04 13 10 16

さいごに

初代iPhoneは使えるようにはなりましたが、現在のほとんどのアプリに対応してなく、最新のiPhoneと比べたらスピードが遅いので実用性はありません。
しかし、7年前の古いスマホですが、今でも通用するAppleの技術は凄いです。

追記:AT&TのSimカードを使ったら、日本で正規にアクティベーションできました。こちらの記事も参考にして下さい↓

初代iPhoneを日本でやっとアクティベーションできました|AT&TのSIMカード購入

スポンサーリンク
シェアしていただけると励みになります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう