使うのがもったいないぐらいカッコいい!±0(プラスマイナスゼロ)の縦型オーブントースター

Zero toaster0

超カッコいい縦型のオーブントースターを購入しました。こちらは±0(プラスマイナスゼロ)の商品です。
±0(プラスマイナスゼロ)とは、デザインされたオシャレな家電や生活雑貨を製造・販売をする日本のメーカーです。
±0公式サイトはこちらです→https://www.plusminuszero.jp/

僕は引越しをして部屋が綺麗になったので、家具も新しい物に入れ替え中です。なので、古くなった物が目立つようになりました。

特にオーブントースターは、約15年使ってた事もあり、まだまだ使えるのですが、かなり年期が入ってます。中はやばくて見せれません(笑)。
全然使えますが汚すぎるので、思い切って捨てて新しいものを買うことにしました。

約15年使ったオーブントースター↓
Zero toaster18

そこで、ネットで良さげなオーブントースターを探してたところ、この±0(プラスマイナスゼロ)のオーブントースターの強烈なデザインが目に止まり、即購入しました。

スポンサーリンク

±0(プラスマイナスゼロ)のオーブントースター

この±0(プラスマイナスゼロ)のオーブントースターは、デザイナーの深澤直人氏がデザインしたものです。大きな縦型のガラス扉、鏡面ステンレスの内部、背面までデザインされた美しい外装、電子タイマーなどが特徴です。

±0(プラスマイナスゼロ)のオーブントースター縦型 XKT-V120(W/T)↓
Timthumb

深澤直人氏といえば、無印良品の縦型オーブントースターもデザインしています。

無印良品のオーブントースター・縦型 MJ‐OTL10A↓
4547315236725 1260

±0(プラスマイナスゼロ)のオーブントースターは、公式サイトでは15,000円(税別)ですが、Amazonや楽天市場では10,000円を切るぐらいの価格で販売されています。なので僕はいつも利用するAmazonで注文しました。※価格は記事執筆時の価格です。

箱も美しく、商品の実物大ぐらいの写真が載ってます。
Zero toaster1

梱包はしっかりとしています。
Zero toaster19

内容は、トースター本体と、受け皿2枚と説明書です。
ボディの色は、ホワイトとブラウンの2色あります。僕はホワイトを選びました。
Zero toaster20

ボディは上品な少しクリーム色っぽいホワイトです。上面の±0のロゴがさり気なくかわいいです。
Zero toaster3

裏面もしっかりデザインされていて、オープンキッチンにも映えます。
Zero toaster4

縦型の大きなガラスの扉からは中の様子がよく見えます。
Zero toaster5

デザインが本当に美しくインテリアのオブジェのようです。
Zero toaster7

上下段は1灯づつ、中段は2灯の石英管ヒーターを搭載しています。
扉はガラス製、庫内は鏡面ステンレス製です。
Zero toaster21

使い方

スイッチ類は本体の下にまとまっています。
タイマーは電子式なので、静かで正確です。

一番左の「POWER」ボタンで電源を入れます。タイマーは+−で10秒毎に設定でき、長押しで分単位になります。「START/STOP」で開始します。電源を入れたら3分になるように設定されており、10秒単位で30分まで設定できます。
右から2番目の「PUSH」ボタンを押せば、上の段のみで焼く事ができます。
Zero toaster6

底にはパンくずトレーがあり掃除が簡単そうです。
Zero toaster8

扉は上部のつまみを持って開けます。縦型の扉は大きく手前に開くので、手前に広いスペースが必要です。
Zero toaster9

自宅にある大きなグラタン皿も斜めにすれば入りました。しかも上下段あわせて2枚も入りました。横長のオーブントースターの場合はグラタン皿が1枚しか入らなかったので、意外と沢山調理できます。
Zero toaster22

専用の受け皿が付属するので、調理の幅が広まります。
Zero toaster10

縦型は省スペースなので、となりにジャーを置けるようになりました。
Zero toaster11

横型と比べるとかなりの省スペースです。
Zero toaster12

パンを上下段で焼いてみました。
Zero toaster13

パンの厚さや、好みもありますが、僕の場合5枚切りで3分40秒がちょうど良かったです。
Zero toaster14

パンの上の面は、ほぼ均等にこんがりと焼けています。
Zero toaster15

パンの裏側は多少焼きムラになっているように見えますが、食べてみると特に違和感はありません。
Zero toaster16

綺麗にトーストが焼きあがりました。
Zero toaster17

まとめ

この±0(プラスマイナスゼロ)のオーブントースターは、デザインが美しすぎるので、購入してからしばらくの間使うことができませんでした。普通のオーブントースターより価格が高めですが、実際に実物を見たら価格以上の価値があると思いました。インテリアに映えて、眺めたくなるようなデザインです。

±0(プラスマイナスゼロ)には、このオーブントースターのように、シンプルで美しい商品が多いのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

±0公式サイトはこちらです→https://www.plusminuszero.jp/

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります


フォローしていただけるとブログの更新情報が届きます

Facebookページを引っ越しました。
こちらも是非「いいね」をよろしくお願いします!



 


Add Friend      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA