純正カーナビに自分でAUX端子を取り付けて車内をBluetooth化しました!

Navi aux bluetooth1

車内でiPhoneの中の曲を無線で聞くために、自分でAUX端子(イヤホンジャック)とBluetoothカーオーディオレシーバーを設置しました。ちなみに車は、シビックハイブリッド(FD3)です。

カーナビで音楽を聞くには、CDを入れて再生するか、HDDに貯め込んだ曲を再生しますよね。でも今の時代、それは快適ではありません。CDは量ばるし、HDDに読み込むのも面倒です。僕は音楽をiPhoneにストックしているので、iPhone内の曲を車のスピーカーから聞けたら便利です。しかも無線なら更に便利です。

そこでiPhone内の曲を無線で車のスピーカーから聞く方法を調べてみました。
僕の車の純正カーナビには、Bluetooth機能AUX端子がありません。なので、そのままでは有線でも無線でも車のスピーカーから聞くことができません。
この場合、一番簡単な方法が、Bluetooth 対応のFMトランスミッターを使う事です。しかし、音楽をFM電波で飛ばしてラジオで拾うので、音がよくなく、たまに途切れます。

AUX端子(イヤホンジャック)さえあれば、有線で繋げるし、Bluetoothカーオーディオレシーバーを設置して無線で繋ぐこともできます。

いろいろ考えた結果、AUX端子(イヤホンジャック)を設置してBluetoothカーオーディオレシーバーを繋ぐことにしました。

スポンサーリンク

車内をBluetooth化するために用意したもの

Navi aux bluetooth2

①ビデオ入力ハーネス
純正ナビにビデオ入力機能を追加して、DVDプレーヤー、ゲーム、音楽プレーヤーなどの映像や音を楽しめます。オス→メス変換プラグも付属します。
僕はシビックハイブリッド(FD3)用「データシステム ( Data System ) ビデオ入力ハーネス VHI-H41」を購入しました。
Navi aux bluetooth3

②ステレオミニプラグ延長コネクタ(メス×メス)
③3.5mm ステレオミニプラグ(オス)↔2RCA(赤/白) 変換 ステレオオーディオケーブル(オス)
僕の場合、自宅に②と③が眠っていたので使いましたが、ケーブルや変換プラグなどがごちゃごちゃするので、設置場所によっては下記のようなメスばかりの変換ケーブルがあればこれ一本で超すっきりします。

④Bluetoothカーオーディオレシーバー
少し高めですが、デザインが良かったので、BelkinのBluetoothカーオーディオレシーバーを購入しました。
Bluetooth機器の音楽を受信したり、通話することができます。 Bluetooth接続されると周囲がブルーに光り綺麗です。シガーソケットにUSB端子があるのも便利です。マグネット式で取り外しが可能です。ケーブルが細いので、コンソールパネルの隙間から配線し易いです。
Navi aux bluetooth4

ビデオ入力ハーネスを取り付ける

ビデオ入力ハーネスはナビの裏側に取り付けるので、コンソールパネルを外す必要があります。
コンソールパネルの外し方は車種によって違うので、Googleで検索するか、ディーラーに教えてもらいます。僕はGoogleで調べて外しました。
Navi aux bluetooth6

ナビの裏側の車両側ハーネス(12ピンコネクタ)を外し、間にビデオ入力ハーネスを取り付けます。
Navi aux bluetooth5

そしてハーネスの入力側(赤、白、黄)に付属のオス→メス変換プラグを取り付けます。
これで映像や音声出力ができるようになりました。DVDプレーヤーなどを繋ぐことができます。
僕はこのままさらにBluetoothカーオーディオレシーバーの取り付けにかかります。
Navi aux bluetooth18

ナビのオーディオソースを表示すると「ビデオ」のボタンが増えてます。
このナビでDVDや音楽を再生するにはこの「ビデオ」を選択します。
Navi aux bluetooth14

AUX端子を取り付ける

ビデオ入力ハーネスの2RCA(赤/白) プラグ3.5mm ステレオミニプラグ(オス)↔2RCA(赤/白) 変換 ステレオオーディオケーブル(オス)を取り付けます。
Navi aux bluetooth15

さらにステレオミニプラグ延長コネクタ(メス×メス)を取り付けます。僕は自宅にあったものを使いましたが、変換が多く、ケーブルなどがかさばるので、全部メスで短めのステレオミニプラグと2RCA(赤/白) 変換ケーブルがあればスッキリするのでベストです。
これでAUX端子を設置することができたので、ステレオミニプラグを繋ぐことができるようになりました。
Navi aux bluetooth16

Bluetoothカーオーディオレシーバーを取り付ける

AUX端子にBluetoothカーオーディオレシーバーを繋ぎ、レシーバーを好きな場所に設置します。
Navi aux bluetooth17

Bluetoothカーオーディオレシーバーは普通に取り付けると、余った配線が車内に見えて格好悪いので、余った配線は全てコンソールパネルの中に隠し、最低限の配線だけ隙間から出しました。
Navi aux bluetooth7

エンジンをかけ、ボタンを長押しすればリングランプが点滅し、ペアリングモードになります。
Navi aux bluetooth8

iPhoneなどのスマホのBluetoothをオンにすると、「CarAudio Connect」が表示されるので、タップして接続します。
Navi aux bluetooth9

接続されるとリングランプがブルーになります。
Navi aux bluetooth10

音楽を聞くには、ナビのソースをビデオなどの外部入力に切換えます。Bluetoothカーオーディオレシーバーのボタンを押せば音楽が再生し、車のスピーカーから曲が流れます。
ボリュームはiPhone側は最大にして、ナビ側でボリュームを調整します。

ボタンをもう一回押すと一時停止、二回押せば次の曲にスキップできます。
ボタン部分にマイクが内蔵されていて通話もできます。通話するには携帯で操作して、発信すれば音声がスピーカーから流れます。着信時にボタンを一回押せば通話、もう一度押せば終了します。
Navi aux bluetooth11

丸いデザインが車の丸いボタン類と合い馴染んでいい感じです。
ブルーに発光するので、暗くてもボタンの位置がわかりやすく、そして綺麗です。
このレシーバーは、マグネットで固定されてるので、手に取って、近くで通話することも可能です。
Navi aux bluetooth12

Navi aux bluetooth13

まとめ

Bluetoothカーオーディオレシーバーを設置した事で、スマホ内の音楽を流せるようになり、車内で快適に音楽を楽しめるようになりました。
ナビにAUX端子があったらもっと簡単にレシーバーを設置できたのですが、僕の車のナビにはAUX端子が無かったので、AUX端子の取り付けから始まり、大掛かりになりました。でも逆に、コンソールパネルを外した事で、全ての余った配線を隠すことができました。コンソールパネルの取り外しは素人の僕でも意外と簡単にできました。
自分で車をカスタマイズするのも楽しいですね。

今回購入した商品

あると便利なもの

関連記事


【レビュー】iPhoneをカーナビ化するため車載ホルダーを購入しました!

【レビュー】iPhoneをカーナビ化するため車載ホルダーを購入しました!

2017.08.30
スポンサーリンク