Apple Watchの純正バンド「リンクブレスレット」を安く購入する方法

Link bracelet1

僕は「初代Apple Watch」を発売日の2015年4月24日に購入して以来、ずっと愛用しています。
バンドはもともと「ミラネーゼループ」を使っており、用途や気分によって「ホワイトスポーツバンド」に変えたりしていました。

しかし、Apple純正の高級バンド「リンクブレスレット」が気になっていました。
ビジネスシーンでも使えるメタルバンドは、”いかにもApple Watchです”という感じがなく、職場で付けてても違和感がありません。

そしてなによりリンクブレスレットは超精巧にできており、美しいです。

ですが、リンクブレスレットのバンドは約5万円(税込)もします。
バンドだけでですよ。高すぎですよね?なので、なかなか気軽には購入できません。

今回、第3世代モデルの「Apple Watch Series3」のWi-Fi+Cellularモデルを購入する際に、セットで購入すれば安いかなと思いましたが、Series3にはなんと「ステンレススチールケース+リンクブレスレット」の組み合わせのセットがありません。Series2まではあったのに。

しかし、今回はこのApple純正高級バンド「リンクブレスレット」を安く購入することができたのでご紹介します。



型落ちApple Watchのセットモデルを探す

リンクブレスレットは、バンドだけで購入すると、新品で約5万円(税込)もします。
しかし、「初代Apple Watch」や「Apple Watch Series2」など、現行モデルではない型落ちモデルの場合、値引きをして販売していることがよくあります。

バンドは初代Apple Watchから、現行モデルのSeries3まで共通で使えます。「初代Apple Watchに付いてるリンクブレスレット」も、現在販売されてる「バンドのみのリンクブレスレット」も同じものです。

なので、型落ちしたリンクブレスレットのセットモデルを狙いました。

この型落ちモデルは、普通の家電量販店で販売されることはまずありません。
そこで、Amazon楽天市場価格.comなどに登録されてるネットショップなどで探します。
ヤフオクなどのオークションサイトで探すのも手です。

僕は2017年11月に、価格.comで、初代の「Apple Watch 38mmステンレススチールケースとリンクブレスレット(MJ3E2J/A)」を、なんと44,300円(税込)で購入することができました!

スクリーンショット 2018 02 05 1 56 31

初代 Apple Watch 38mmステンレススチールケースとリンクブレスレット(MJ3E2J/A)
Link bracelet3

これで、リンクブレスレットを、約5,000円安く購入することができました。
しかも初代Apple watchの本体まで付いてきます。
リンクブレスレットのバンドのみを購入するより、Apple Watchごと購入した方が安くなるのは驚きですね。
Apple Watchは型落ちですが、バンドは同じもので新品です。

この方法でも十分安く購入できてますが、僕の場合、バンドだけが欲しかったので、初代Apple watchの本体はいりません。
なので、本体は売ることにしました。

Apple Watch本体はどこで売る?

僕は、よくヤフオクを利用するので、今回はヤフオクで初代Apple watchの本体を売ってみることにしました。
オークションの場合、売り方によっては買取店より高く売れる可能性がありますが、逆に低くなる可能性もあります。
オークションを利用しない場合は、「ソフマップ」や「じゃんぱら」などの買取店を利用します。

しかし、本体のみで売るより、バンドを付けて売った方が、高く売れると思いました。
今回、「Apple Watch (Series 3 )38mm ステンレススチールケースとソフトホワイトスポーツバンド」のWi-Fi+Cellularモデルも同時に購入してたので、この付属の「ソフトホワイトスポーツバンド」を、売る方の初代Apple watchに付け替えて、
初代Apple Watch 38mm ステンレススチールケースとホワイトスポーツバンド」として売ることにしました。
ただし、箱は「ステンレススチールケースとリンクブレスレット」のままです。

Apple Watchのバンドを付け替える

初代Apple watch(左)とApple Watch Series3(右)を箱から取り出しました。
初代の本体は売るので、フィルムは剥がさないようにしてバンドのみを外します。

サイドにあるボタンに触れると電源が入ってしまうので、触らないように気をつけます。

Link bracelet4a

バンドを交換できました。
ソフトホワイトスポーツバンドは、初代に取り付けました。
Ink bracelet5 a

あとは、箱に納めます。
矢印のパーツはリンクブレスレット用のもので、スポーツバンドにはサイズが合わなかったので外しました。
Ink bracelet6 a

箱は「ステンレススチールケースとリンクブレスレット
本体は「ステンレススチールケースとホワイトスポーツバンド
が完成しました。

これで、初代Apple Watchを売る準備ができました。

Apple Watchをヤフオクに出品

ヤフオクの商品詳細のページには、新品で未使用なこと、開封してバンドを付け替えてること、箱が違うことをしっかりと明記して出品しました。

結果は19,000円で落札されました。

Ink bracelet7

リンクブレスレットはいくら安くなった?

Ink bracelet8

ホワイトスポーツバンドに付け替えた、初代Apple Watchは、ヤフオクで19,000円で落札されました。
そこから、落札システム利用料と送料を引くと実質、約16,000円です。

「初代 Apple Watch ステンレススチールケースとリンクブレスレット」が44,300円なので、ヤフオクで売れた額を引くと、約28,000円です。

つまり僕は、リンクブレスレットのバンドのみを約28,000円で購入したことになります。

結果、リンクブレスレットのバンドを約22,000円も安く購入できました!!

まとめ

本物のリンクブレスレットは、すごく綺麗で滑らかに動きます。使うのがもったいないぐらいです。

リンクブレスレットのバンドが欲しい場合、バンドのみを購入するより、型落ちのモデルを本体ごと購入する方が安いのは驚きました。
そしてさらにその本体を売れば、その分だけバンド代が安くなるということです。

僕は初代Apple Watchを購入しましたが、この記事を執筆時には、在庫がほとんど無くなっているようです。
なので、リンクブレスレットのバンドが欲しい方は、同じく型落ちモデルの「Series2」が安くなるのを待ちましょう。

リンクブレスレットのサードパーティー製バンド

それでもApple純正のリンクブレスレットは高い、でも欲しいという方は、下記のようなデザインが同じサードパーティー製バンドを探してみるのも方法です。

シェアしていただけると励みになります

フォローしていただけるとブログの更新情報が届きます

こちらも是非「いいね」をよろしくお願いします!



 


Add Friend      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA