消えてからでは遅い!LINEのトーク履歴をテキスト形式で書き出す方法

スマホの機種変更時や内容を初期化した時などは、LINEのトーク履歴は消えてしまいます。自分でバックアップしていなければ、今まで友達とやりとりしてた大切な会話を二度と読むことができません。このような事がないように、機種変更時や内容を初期化する時は事前のバックアップが大切です。

SPONSORED LINK

LINEのトーク履歴のバックアップについて

MacやPCを使わずに、スマホのLINEアプリの機能を使ったLineのバックアップの方法と、何を保存できるかは、OSにより異なります。

 iPhoneの場合 
会話のみテキスト形式で書き出せます。スタンプや写真などのファイルの情報は書き出せません。書き出したファイルはテキストとして読むだけのものになります。新しいiPhoneに入れて※復元する事はできません。(※記事執筆時)なので、正確にはバックアップでは無く記録ですね。

MacやPCのiTunesを使えば、バックアップと復元をする事ができます。iTunesを使ったバックアップと復元方法は下記の記事で紹介しています。

Lineのトーク履歴の引き継ぎと消えた場合の復元方法(ios)

 Androidの場合 
スタンプや写真などのファイルの情報を含めたすべてのトーク履歴を個別に保存でき、復元する事ができます。

 

メールでLINEのトーク履歴をテキスト形式で書き出す方法

LINEアプリを起動して、個別のトークルームに入り、右上のメニュー表示ボタンをタップします。

IMG_9256_2

 

メニューの「トーク設定」をタップします。

IMG_9257 2

 

「トーク履歴を送信」をタップして「メールで送信」をタップします。

名称未設定_1

 

メール送信画面の宛先に、自分(送り先)のメールアドレスを入力して、右上の「送信」をタップします。

IMG_9258 2

 

届いたメールにテキストファイルが添付されています。ここにトーク履歴がテキスト形式で保存されているわけです。 IMG_9259 2

 

このテキストファイルをタップすると内容が見れます。右上の共有機能呼び出しボタンをタップすれば、そのまま「Evernote」などのアプリに送る事もできます。

名称未設定 2

 

 

まとめ

MacやPCを使わずにiPhone単体の場合は、トーク履歴のバックアップや復元が出来ません。MacやPCのiTunesを使えばトーク履歴のバックアップや復元が出来ます。でもバックアップが出来てなかったという万が一の事もあるので、大切なトーク履歴はテキストファイルにも書き出しておいたほうが安心です。 iTunesを使ったバックアップと復元方法は下記の記事で紹介しています。

Lineのトーク履歴の引き継ぎと消えた場合の復元方法(ios)

SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend