Macで画像を簡単にハイライト加工できるソフト「Light Up」が超便利!

Macで画像を簡単にハイライト

ブログ記事の中で、画像で説明する時に、ハイライト加工が効果的な場合があります。これは画像の任意の場所を目立たせるために、周囲を暗くして任意の場所のみを明るくし、スポットライトを当てたように目立たせる手法です。
そのハイライト加工をMacで行うには、「Light Up」を使えば、超簡単にできます。

SPONSORED LINK

「Light Up」の使い方

「Light Up」を使うには、OS X 10.8 以降、Core 2 Duo プロセッサ以降のMacが必要です。

まず、App Storeから「Light Up」をダウンロードします。

Light Up

Light Up (360円)
(2016.02.22時点)
posted with ポチレバ

※価格は記事執筆時の価格です。実際の価格はApp Storeでご確認ください。

「Light Up」を起動すると、画像の選択画面が表示されるので、編集する画像を選択して「OPEN」をクリックします。
Light Up1

 

もしくは画像をドッグの「Light Up」のアイコンにドラッグ&ドロップをすれば、素早く起動できます。
Light Up2

 

画像編集用のツールは2種類、ハイライトの形を選択するツールシャドウの濃さを調節するツールです。

ハイライトの形は、Rectangle(角ばった長方形)、Rounded(丸みを帯びた長方形)、Oval(楕円形)から選びます。
シャドウの濃さはスライダーで調節します。

Light Up3

 

画像が出来上がりました。
Light Up4

出来上がった画像を保存するには、ツールバーの「File」の「Save」をクリックします。
Light Up5b

 

画像に名前を付けて、保存先を選び、「Save」をクリックします。
スクリーンショット 2016 02 22 16 20 03

まとめ

今まで、画像をハイライト加工するのは難しそうで試したことがありませんでした。「Light Up」は使い方がとてもシンプルで、超簡単に画像をハイライト加工できるので、ブログを書くのに必須になりました。
ぜひチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓ ↓

Light Up

Light Up (360円)
(2016.02.22時点)
posted with ポチレバ

※価格は記事執筆時の価格です。実際の価格はApp Storeでご確認ください。

画像の背景を透明にする| 透過PNGをMacのプレビューで簡単に作る方法

2014.12.01
SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend      

4fe395d3010b3dcc813e2552c308b12b.png

Facebookでメッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA