【開封レビュー】iPhone6sの新色ローズゴールドは上品なピンクだった!

6s withbox

今年も新型iPhoneを発売日にゲットしました!

今回、2015年9月25日(金)に発売されたiPhone6s/6sPlusは、前モデルのiPhone6/6Plusと比べて外観の違いはほとんどありませんが、機能が大幅にアップして楽しい機能が増えてます。

僕が購入したのは、「iPhone6s,64G,ローズゴールド」です。以前はiPhone6,64G,ゴールドを使ってました。6sのローズゴールドを選んだ大きな理由は、新色だからです。そしてPlusでは大きすぎて僕には携帯しづらいからです。

今年は、予約限定だったのでアップルストアには並ばず、ヨドバシカメラのオンラインで予約して店頭受け取りを選びました。新型iPhoneの発売日ですが、携帯ショップは特に混雑してなく行列もありませんでした。僕がお店に行った時間が平日の12時頃だったからかもしれません。どの機種も在庫があり、予約してなくても普通に買える感でした。

今回、お店の人にお願いしたのは、「iPhone6sを未開封のまま持って帰りたい」ということです。これは、お店ではいつもフィルムを雑に破られたり、電源を入れられたりするからです。やはりAppleファンの僕は自宅でゆっくりとレビューを書きながら開封したいです。もしも不具合があってもこのお店では交換できない事を条件に未開封のまま持って帰る事が出来たので早速開封してみます。

SPONSORED LINK

iPhone6sローズゴールド開封レビュー

今年も来ました!いよいよiPhone6sの開封です!

まずはiPhone6sの箱です。
今回は描かれてるiPhoneのディスプレイに綺麗な魚(べタ?)が泳いでます。
6s box

 

蓋を開けるとiPhone6sが現れました。いつものAppleらしいパッケージです。
6s onbox open

 

付属品もいつも通りです。
Lightning-USBケーブル、電源アダプタ、EarPods(ヘッドホン)、サポートの小冊子
6s fuzoku

 

新色のローズゴールドは、派手すぎず上品で落ち着いた色合いです。写真では色合いは伝わりにくいですね。外観はiPhone6と全く同じです。背面のiPhoneのロゴの下の[S]だけが唯一の違いです。
6s withbox

 

ドック周りです。
6s dock

 

側面のボリュームボタン側です。
6s volume

 

側面の電源ボタン側です。
6s power

 

iPhone6ゴールドとの比較

同じゴールドと名前が付きますが、比べたらはっきりと色が違います。並べるとはっきりとピンクですね。重量は6sが143gなので、6と比べたら14g重くなってます。これは主にディスプレイの3Dタッチのセンサーや、ボディの強化のために素材を変えた事が大きいようです。6sと6を両方持ったら明らかにずっしりとしてます。
6s back hikaku

 

Touch IDのリングもローズゴールドです。Touch IDセンサーは第2世代になり、認証時間が高速になりました。
6s dock hikaku

 

6sの厚みは7.1ミリなので、6と比べ厚みが0.2ミリ増してます。若干なので見た目にもわかりませんし、ほとんどのiPhone6のケースは6sにも使えるみたいです。
6s volume hikaku

 

カメラは性能が上がり、メインカメラは800万画素から1200万画素に、インカメラは120万画素から500万画素になりました。4Kビデオにも対応しました。
6s camera hikaku

以上、iPhone6s開封レビューでした。
これから初期設定をして使ってみて、新機能や使用感などのレビューを書こうと思います。

SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend      

6s-withbox

Facebookでメッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA