iPhone6/6sのバッテリーを自分で交換する方法

6s分解15

iPhone6sのバッテリーを自分で交換しました。 先日、9月に買ったばかりのiPhone6sを洗濯機の中に入れてしまい、ついに水没させてしまいました。水没直後、バッテリーからは「シュ〜シュ~」というようなガスが抜けるような音がしてました。以前紹介した方法「自分で出来る!水没したiPhoneを3日で完全復活させる方法」でなんとか起動してデータを取り出せる状態まで回復したのですが、バッテリーの調子が悪く、充電してもすぐに残量が減るようになりました。

僕はAppleの保険に入ってなかったので、iPhone6や6sをApple Storeで本体交換の場合34,800円(税別)かかります。Plusの場合はさらにプラス4,000円(税別)かかります。バッテリーのみ交換の場合はどの機種も9,400円(税別)かかります。

そこでバッテリーを購入して、自分でiPhone6sのバッテリーを交換することにしました。

※iPhoneのバッテリー交換は、iPhoneの分解が必要になります。自分でiPhoneの分解をしたら、故障、不具合が起こる可能性があり、Appleの保証を受けられなくなります。試される方は自己責任でお願いします。

SPONSORED LINK

iPhone6/6sのバッテリー交換に必要なもの

・交換用バッテリー
iPhone6と6s、ノーマルとPlusではバッテリーがそれぞれ違います。
Iphone6s battery

・バッテリー固定用テープ
バッテリーを固定するテープは再利用できない為、毎回交換する必要があります。

iPhone6/6s用

iPhone6 Plus/6s Plus用

今回使用した工具
IPhone分解工具

左から、

・iPhone用星型ドライバー
特殊な星型です。これがないとiPhoneを開けれません。付属で付いてるような星形ドライバーは、ネジ穴が潰れたりするので、しっかりしたドライバーがおすすめです。

・00番プラスドライバー
精密ドライバーは必需品です。作業が楽な軸が回転するタイプがおすすめです。

・ヘラ
プラスチック製のヘラは、分解箇所を傷めにくいので便利です。

・ピンセット
こちらのピンセットは先端がプラスチックなので傷つけにくくなってます。先曲がりタイプの方が作業しやすいです。

・吸盤
iPhoneのディスプレイを開けるのに必需品です。百均の吸盤でも頑張れば開きますが、初心者にはこちらのようなオープナーがおすすめです。

iPhone6/6sのバッテリー交換手順

まず、iPhoneの電源を切ります。iPhoneの充電コネクタ横の星形のネジを外します。特殊な星形ドライバーが必要です。
6s分解1

ディスプレイのホームボタン側に吸盤をセットして矢印の方に持ち上げます。ピッタリとくっついてるのでかなり力が要ります。ディスプレイの上部はケーブルで本体につながってるので90度以上開けないように慎重に開けます。特にiPhone6sはディスプレイと本体の間にパッキングがされてるので開きにくいです。ヘラなどを使いこじ開けます。
6s分解2

iPhone6sのパッキン素材。僕は全て剥がしましたが、本体側に残しておいた方がいいみたいです。
6s分解3

ディスプレイと本体は赤丸の箇所でつながってるので、90度以上開けないようにします。
6s分解4

ここから先はiphone6sとiphone6で少し違います。

iphone6sの場合

ディスプレイのケーブルを固定してる板を外します。ネジを4箇所外します。ネジは赤丸と青丸でサイズが違います。
6s分解5

ディスプレイとロジックボードを繋いでるケーブルを3本外します。番号の順に外します。6s分解6

iphone6の場合

ディスプレイのケーブルを固定してる板を外します。ネジを5箇所外します。ネジは赤丸と青丸と緑丸でサイズが違います。
6分解1

ディスプレイとロジックボードを繋いでるケーブルを4本外します。番号の順に外します。
6分解2

後は同じです。

バッテリーのケーブルを固定してる板を外します。赤丸と青丸ではネジの長さが違います。
6s分解7

バッテリーとロジックボードを繋いでるケーブルを外します。矢印の方からヘラで外します。
6s分解86s分解9

バッテリーを固定してるテープを剥がします。赤枠の部分の黒いフィルムをめくれば白いテープが現れます。
6s分解10

左側から白いテープを矢印の方向に引っ張ってめくります。6s分解11

右側も同じようにめくります。この白いテープが全て剥がれればバッテリーが外れます。万が一途中で切れた場合はヘラでバッテリーを剥がします。
6s分解13

バッテリーが外れました。後は逆の手順で新しいバッテリーを取り付けます。バッテリー固定用のテープは完全に再利用ができません。普通の両面テープでも固定できますが、万が一再度バッテリーを交換することになった場合、外すのが大変になります。専用の固定テープを使うことをおすすめします。

6s分解14

iPhoneの組み立てが完了して電源を入れたら無事に起動しました。バッテリー残量は元から47% ありました。
6s分解16

まとめ

iPhoneのバッテリーをApple Storeで交換すると約1万円もしますが、自分で交換したら格安ですみました。iPhone6のバッテリーは2千円前後、iphone6sのバッテリーはまだ少し高くて4千円前後です。 iPhone5のバッテリーは両面テープでしっかりと固定されてるのでバッテリーを外すのが大変でしたが、iPhone6/6sは特殊な固定テープが簡単に剥がれるので、外すのがかなり楽になりました。 僕が購入したバッテリーは1週間ほど使用してますが問題なく使用できてます。

修理パーツの購入は「自分で修理.com」が便利

「自分で修理.com」は自分で安くiPhoneの修理をする事を支えるサイトです。
何よりも日本の企業がパーツの品質を厳選してるので安心感があります。もちろんパーツに不具合があれば対応してもらえます。そしてもし自分で直せなかった場合、ヘルプ制度を使えば「自分で修理.com」が代わりに格安で修理してくれます。即日発送、100日間保証があり、 便利な修理工具のセットもあります。

iPhone6交換用バッテリー分解工具セット

6 battery

交換バッテリー

「自分で修理.com」で販売されてない物はこちらからどうぞ

iPhone6s用交換バッテリー

iPhone6sPlus用交換バッテリー

バッテリー固定用テープ

iPhone6/6s用

iPhone6 Plus/6s Plus用

SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend