【超高速】iPhone6の新機能「急速充電」を試しました|ACアダプタ iBUFFALO BSMPA09BK

iPhone6/6Plusは急速充電に対応しましたが、付属の充電器では急速充電ができません。 IMG_7929

iPhone5Sまでは充電が最大1A出力対応だったのが、iPhone6は最大1.4A出力対応、6Plusは倍の最大2A出力対応になりました。つまり、急速充電に対応した充電機で充電すれば、早く充電されます。しかしiPhone6/6Plusに付属の充電機は1A出力なので、急速充電をすることができません。これでは、せっかく急速充電をする能力があるのに能力を活かしきれないどころか、5sと比べバッテリーが大容量になった分充電時間が長くかかります。そこで、急速充電に対応の充電機を購入しました。

SPONSORED LINK

急速充電対応ACアダプターを購入しました

私が購入したのはこちらです。

参考価格は4,320円ですが、Amazonで65%OFFの1,000円台で購入できました。

【超高速】iPhone6の新機能「急速充電」を試しました iBUFFALO 【iPhone6,iPhone6 Plus,iPadmini,iPad(Retinaディスプレイ),スマートフォン全キャリア・全機種対応動作確認済】4A出力対応USB充電器 4ポートタイプ ブラック BSMPA09BK

この充電器は、USBポートが4ポート(Apple用2ポート、Android用2ポート)あり、最大出力が4Aです。iPhone6/6PlusやiPadなら同時に2台を急速充電できます。iPhone5/5sは急速充電に対応してませんが、同時に2台を充電できます。Androidも同時に2台充電できるので、iPhoneとAndroidを合わせて最大4台を充電することができます。充電の供給容量を超えたら、警告ランプが点滅します。

 

充電時間の比較

  • iPhone6     10%からフル充電に1Aで約3時間、2Aで約2時間
  • iPhone6Plus   10%からフル充電に1Aで約4時間、2Aで約2時間

結果、付属の1Aの充電器と比べてiPhone6は約1.5倍、6Plusは約2倍の速度で充電することができました。

 

【超高速】iPhone6の新機能「急速充電」を試しました 【超高速】iPhone6の新機能「急速充電」を試しました

 

シンプルでカッコ良いデザインです。左側面にApple専用USBポート×2、右側面にAndroid専用USBポート×2があります。USBポートの周りはラバー素材です。付属にGALAXY Tab 用変換コネクターが付いてます。

【超高速】iPhone6の新機能「急速充電」を試しました

 

裏側には、持ち運びに便利なムービングプラグが有ります。

【超高速】iPhone6の新機能「急速充電」を試しました

 

コンセントに挿すと緑の通電ランプが光ります。

【超高速】iPhone6の新機能「急速充電」を試しました

 

付属の1A出力の充電器から、2A出力の充電器に変えるだけで充電速度が約1.5〜2倍に早くなるので、ぜひお試しください。

 

購入はこちらから

SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend      

【超高速】iPhone6の新機能「急速充電」を試しました

Facebookでメッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA