【Apple Watchの使い方】基本の操作方法|デジタルクラウンと感圧タッチ

Apple Watchの基本の操作

Apple Watchを操作するには、右サイドの「デジタルクラウン」「サイドボタン」とディスプレイの「感圧タッチスクリーン」を使います。

デモボタン

 

SPONSORED LINK

デジタルクラウン

Apple Watchは画面が小さいので、画面をフリックで送ったり、2本指でピンチイン/アウトをするには大変です 。デジタルクラウンを使えば画面を指で隠す事なく、写真を拡大/縮小したり、送ったりできます。押せばホームに戻ったり、時計を表示します。長押しすればSiriが起動します。

手首を持ち上げるか、デジタルクラウンを1回押せば時計アプリが表示されます。

ホーム時計

 

デジタルクラウンをもう一度押せば、アプリが並ぶホーム画面になります。アプリのアイコンは小さいので、デジタルクラウンを回転させればアイコンを拡大/縮小できます。スワイプで移動できます。

アプリホーム

 

写真は、指で拡大/縮小をしたら、画面が隠れてしまいます。こういう時にデジタルクラウンが役立ちます。画面が隠れることはありません。また、メールなどのスクロールにも使えます。

写真操作

 

写真アプリの操作感を動画で撮影しました。

 

 

サイドボタン

サイドボタンを押せば、よく連絡を取る友達が表示されます。友達はiPhoneのApple Watchアプリで追加、管理できます。長押しで電源ON/OFFができます。

友達1

 

連絡を取りたい友達をタップすれば、3種類の連絡手段が表示されます。「電話」と「メッセージ」と真ん中の手のアイコンは「Digital Touch」です。

Digital Touchには、「スケッチ」「タップ」「ハートビート」の3種類があります。絵を描く過程やタップした感覚や、心臓の鼓動を相手に伝えることができます。

友達2

 

デジタルクラウンとサイドボタンを同時押しすれば、iPhoneみたいにスクリーンショットが撮れます。

 

感圧タッチスクリーン

Apple Watchのディスプレイはマルチタッチに対応してますが、iPhoneと違いタッチする強さも識別します。軽くタッチすれば通常のタップ、強めに押し込み長押しすると、「ブルッ」と振動がしてメニューが表示されます。

例えばメッセージアプリの画面を強く押せば、メニューが表示されます。アプリによってこの動作する機能は異なり、何も動作しない場合もあります。

メッセージメニュー
SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend