【開封レビュー】完成度が凄い!Apple Watch42mmミラネーゼループとSport 38mmの比較

DSC02148

Apple Watchがついに届きました。発売日の24日は仕事で帰りが遅くなり、残念ながら受け取ることができませんでした。1日遅れのレビューになります。Apple Watchの僕が購入したのは、「Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ」です。それとあともう一台、「Apple Watch Sport 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド」です。こちらは家族用です。 それでは早速、2種類のモデルを開封レビューします。

SPONSORED LINK

開封レビュー

まずは「Apple Watch」と「AppleWatch Sport」の箱です。四角い方が「Apple Watch」で長方形が「AppleWatch Sport」です。モデルによってパッケージが違います。
DSC02049

 

「Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ」

はじめに開封するのは「Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ」の箱です。結構な大きさです。
DSC02087

 

側面はこんな感じ。商品情報が記載されてます。

DSC02051

 

底面です。 注意事項などが記載されてます。
DSC02052

Appleは商品の箱にもかなりこだわってます。化粧箱は凄く上質そうな紙でできてます。箱を手に取り蓋を持つと本体がスッーと下がり、ストンと落ちます。この感触はiPhoneと同じで、これがApple製品の開封の楽しみの1つです。 箱の蓋を開けると、白いプラスチックのケースが出てきます。
DSC02088

 

ケースの下には、マグネット式充電ケーブル、USB電源アダプタ、取り扱い説明書が入ってます。
DSC02090

 

プラスチックのケースの蓋を開けるとついにApple Watchが見えました。まるでお店のショーケースのように綺麗にパッケージされてます。ケースの内側はスエードっぽい素材です。そしてApple Watchはフィルムで入念に保護されてます。
DSC02093

 

保護フィルムを剥がします。42mmケースは、ステンレススチール製です。ピカピカで高級感があります。触るとすぐに指紋だらけになります。ディスプレイは強度の非常に高いサファイヤクリスタル製で、感圧タッチ対応のRetinaディスプレイです。
DSC02100

 

右側面にはデジタルクラウンとサイドボタンがあります。
DSC02101

 

左側面にはスピーカーとマイクがあります。
DSC02103

 

裏蓋には、心拍センサー、GPS、加速度センサーがあり、様々なデータの収集を一日中行えます。サファイアレンズのついたセラミックカバーで保護されています。
DSC02107

 

バンドは、イタリア製の特殊な機械を使って織り込まれたなめらかなステンレススチールメッシュです。バンドの留め具は、強力なマグネット式なのでどこでもバチンと止まり、無段階調節が可能です。
DSC02110DSC02111

 

腕に付けてみました。ケースのサイズは42mmです。僕の腕には、大きさ的にちょうど良い感じがします。重さは普段付けてる時計と比べて同じぐらいです。
DSC02114DSC02115

 

バンドはマグネット式ですが、しっかり止まります。
DSC02146

 

バンド自体を取り外し交換するには、裏側の上下にある楕円形のボタンを爪で押しながら横にずらします。
DSC02104

 

マグネット式充電ケーブルです。白い部分が充電面です。充電面はプラスチック製で、充電面以外は金属製です。側面は艶有り、背面は艶無しです。
DSC02150

 

ピカピカで、アクセサリなのに高級感があります。Apple Watchの裏蓋に近ずけるとピタッとくっつきます。
DSC02127

 

ケースに付属の台で、こんな風にApple Watchをディスプレイする事もできます。
DSC02145 DSC02144

 

Apple Watch Sport 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド

次はApple Watch Sport 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンドです。箱はApple Watchの四角と違い、長方形です。こちらも箱を手に取り蓋を持つと本体がスッーと下がり、ストンと落ちます。いいですね。
DSC02053

 

箱の蓋を開けると、白いプラスチックのケースが出てきます。
DSC02055

 

ケースの下には、マグネット式充電ケーブル、USB電源アダプタ、サイズの違うバンドの片側、取り扱い説明書が入ってます。
DSC02058 DSC02059 DSC02062

 

プラスチックのケースを開けるとついにApple Watch Sportが見えました。そしてフィルムで入念に保護されてます。
DSC02063

 

バンドの裏側のフィルムには、バンドの付け方が絵で説明されてます。
DSC02065

 

保護フィルムを剥がします。38mmケースは、シルバーアルミニウム製です。Watchと違い艶消しで、サラサラとした手触りで指紋がつきません。ディスプレイは強度の高いIon-Xガラス製で、感圧タッチ対応のRetinaディスプレイです。
DSC02073

 

右側面にはデジタルクラウンとサイドボタンがあります。デジタルクラウンはWatchと違い一色です。
DSC02074

 

左側面にはスピーカーとマイクがあります。
DSC02075

 

裏蓋のセンサー類、各種機能は各モデル共同じです。
DSC02082 DSC02078

 

バンドは、フルオロエラストマーというゴムの一種です。もちもちとした気持ちいい感触です。バンドはサイズの違う片側が付属するので、合う方にします。

 

バンドの留め具は、ステンレススチール製です。
スポーツバンド留め具

 

Sportのマグネット式充電器は、白いプラスチック製です。
DSC02079 DSC02080

 

男性の腕に付けてみました。ケースのサイズは38mmなので、時計のサイズとしてはちょうどいいです。重さはApple Watchの42mmと比べると、かなり軽いです。
DSC02070

 

女性の手に付けてみました。手首が細いのでこんな感じです。
DSC02071

 

バンドを手首に付けた時に、余った分をしまう事ができる便利な工夫がされてます。
IMG 0832

 

両モデルの比較

両モデルを並べると、質感に違いがあるので印象が全く違います。
DSC02148 DSC02120

 

ケースのサイズ、38mmと42mmではこれぐらい違います。
DSC02124 DSC02123

 

マグネット式充電ケーブルの素材も違います。
DSC02128

左がApple Watch用、右がApple Watch Sports用

 

厚みも何故か違います。
DSC02129

 

両方手に付けてみると、サイズは結構違います。
DSC02118

 

まとめ

Apple watchの完成度には驚きました。洗練されたデザインが素晴らしいです。
「Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ」は、時計として洗練されたデザインです。ケースには非常に高級感があり、所有する満足感を高めてます。 ケースの42mmサイズの方は僕の腕には違和感のない大きさでした。画面の表示は、38mmの表示をそのまま拡大した表示なので、42mmの方が操作がしやすく文字も見やすいです。特にアイコンは小さいので、少しでも大きい方が助かります。 バンドもおしゃれな感じで、細かく編み込まれたメッシュは、金属と思えないほどしなやかです。マグネットも非常に強く、普通に運動しても外れません。無段階調節なのでピッタリとフィットします。

「Apple Watch Sport 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド」 はとにかく軽いです。高級感はなくカジュアルな感じです。バンドの質感はももちもちとしており、汗などの水分にも強そうです。 見た目的に、スーツを着る仕事には向いておらず、スポーツやカジュアルな服装向けという印象です。

ケースの38mmサイズは、時計としたら普通のサイズなので、迷うなら38mmを購入するのが無難ですが、Apple Watchは時間だけを見る時計とは違うので、操作や見易さを考えると、大きい方が操作しやすいので、42mmを違和感なく付けれる人は42mmがいいと思います。好みもあるので、最終的に試着してサイズを確かめて判断する事をお勧めします。

Apple Watchやアクセサリはこちらから予約、購入できます!Apple Online Store Watch

試着予約はこちらからできます。→http://concierge.apple.com

こちらの記事も参考にして下さい↓

Apple Watchを1週間使ってみた感想 とアプリの所感 | Apple Watch42mmミラネーゼループ

SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend