iPhone7のApple Payにソフトバンクカードを登録して、おサイフケータイみたいに使ってみた!

DSC04930a

Apple Payにソフトバンクカードを登録して使ってみました。
2016年10月25日、ついにApple Payが日本でサービス開始になりました。Apple Payとは、日本でいうおサイフケータイのようなものです。

現在、日本国内において、iPhoneでApple Payを使うには、iOS10.1以降をインストールしたiPhone7もしくはiPhone7 Plusが必要です。
そして、iPhoneのApple Payに登録するには、Apple Payに対応したクレジットカードかプリペイドカードが必要です。

僕はクレジットカードを持ってないので、手持ちのVIZAデビットカードを使いたかったのですが、登録できません。

なので、Apple Payに対応したプリペイドカードを探したら、現在、ソフトバンクカードのみが対応してるという事がわかりました。ちょうど僕はソフトバンクユーザーです。
しかも年会費無料でソフトバンクショップですぐに作れるという事だったので、早速ソフトバンクカードを作ってApple Payに登録してみました。

SPONSORED LINK

クレジットカード無しでもApple Payは使える

Apple Payはクレジットカードが無くても、プリペイドカード(現在ソフトバンクカードのみ)や、Suicaがあれば登録して使うことができます。デビットカードは今のところ対応していません。前回の記事「【iPhone7】感動!Apple PayのSuicaを使ってみた!」でSuicaを登録したので、今回はソフトバンクカードを登録して使ってみたいと思います。

ソフトバンクカードを作ってApple Payに登録する

DSC04924

ソフトバンクカードとは、前払いでチャージ式のプリペイドカードです。ソフトバンクユーザーなら無料で作れて年会費は無料です。Tポイントを貯める事ができます。カードはVIZAが使えるお店で使うことができます。
このカードはソフトバンクショップでのみ作れ、ネットでは作れないみたいなので、早速近所のソフトバンクショップに行き、カードを作りました。
作るのに必要なのは、ソフトバンクの電話番号と運転免許証などの身分証明書です。お店で手続きをしてその場でもらえます。
カードのデザインは、お父さんのデザインか、シックな黒いデザインの2種類です。僕は白い方にしました。

お店でソフトバンクカードを作り、しばらくするとiPhoneにMMSが届きます。カードの使い方の確認や、チャージができるMy SoftBankのページのURLが記載されています。
早速チャージ方法を確認してみました。
IMG 4094 2

チャージ方法は5種類あります。

・おまかせチャージ
クレジットカードの申し込みが必要です。事前チャージが不要で、使った分だけ後払いになります。
・ソフトバンクまとめて支払い
使った分だけ後払いで、通話料などと一緒に支払います。
・銀行振込
自分の好きな口座から銀行振り込みで入金なので、手数料が必要です。
・ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行の口座からは、手数料無料で入金できます。
・Tポイントでチャージ
貯まったTポイントがあれば、チャージすることができます。
IMG 4062

僕は後払いをしたくなかった事と、手数料が無料なので、ジャパンネット銀行を選びました。
僕はもともとジャパンネット銀行の口座を持ってたので登録はスムーズでした。登録には、口座情報とトークンが必要です。トークンの機械はキャッシュカードを作れば送られてきます。
ジャパンネット銀行の口座開設ページのリンクを貼っておきます↓
ジャパンネット銀行 口座開設

DSC04928

ソフトバンクカードアプリをiPhoneにインストールして設定する

ソフトバンクカードをiPhoneのApple Payに登録するには、ソフトバンクカードアプリが必要です。こちらから無料でインストールできます↓ ※価格は記事執筆時の価格です。

ソフトバンクカードアプリを起動して設定をします。
まず、下のツールバーの「メニュー」をタップします。
IMG 4044

「Payを設定」をタップします。
IMG 4045

ソフトバンクカードのカード番号下4桁を入力して「確認する」をタップします。
IMG 4046

Apple Watch(Series2)も持っている場合、どちらか片方にしか同一のカードは登録できません。 僕はiPhoneのApple Payに登録します。
IMG 4047

「次へ」をタップするとWalletアプリで使えるようになります。
IMG 4048

利用条件を読んで、「同意する」をタップします。
IMG 4050

「次へ」をタップします。
IMG 4053

これでWalletに登録されました。
ソフトバンクカードは「iD」マークのあるお店で使えるという説明です。
「次へ」をタップします。
IMG 4054

 

これでApple Payにソフトバンクカードの登録ができました。
チャージすればApple Payが使えます。

「Apple Pay はじめようキャンペーン」で2,000円分をもらう

「Apple Pay はじめようキャンペーン」は、2016年10月25日(火)から2016年12月31日(土)までです。
ソフトバンクカードをApple Payに登録すれば、無料で2,000円分をチャージできます。
更にクレジット機能に入会&初回利用で3,000円分をもらえます。

ソフトバンクカードアプリで「チャージ」をタップします。
IMG 4055

「キャンペーンチャージ」をタップします。
IMG 4056

「¥2,000をチャージ」をタップすると特典を受け取ることができます。
IMG 4057

特典がチャージされて、残額が、¥2,000になりました。
IMG 4059

ジャパンネット銀行でチャージする

今度は、通常のチャージをしてみます。
「ジャパンネット銀行でチャージ」を選択します。
IMG 4061

チャージする金額は、1,000円などの定額ボタンもしくは手入力します。1,000円単位で入力できるので、7,000円など好きな金額をチャージできます。僕は試しに1,000円を入力しました。入力したら「チャージする」をタップします。
IMG 4063

確認画面です。
内容が正しければ、「チャージする」をタップします。
IMG 4064

するとMMSで3桁の数字が届くので入力して、「次に進む」をタップします。
IMG 4065

認証が完了して、「チャージする」をタップすればチャージの完了です。
IMG 4067

ソフトバンクカードアプリを開いたらしっかりチャージ残額が表示されています。
IMG 4069

Apple Payに登録したカードを見るにはWalletアプリを使います。
IMG 3991 2

Walletにソフトバンクカードが登録されています。
IMG 4060

Apple Payが使える場所

スクリーンショット 2016 11 04 9 34 15

Apple Payは上記のマークのあるお店で使えます。
クレジットカードやプリペイドカードは、カードによって「iD」「QUICPAY」に割り当てられますので、お店でApple Payを使う際は、支払いに使うカードがどちらなのか、Walletなどで確認しておく必要があります。
コンビニなどのお店のレジには、使用できる電子マネーの種類が表示されています。こちらに使用する電子マネーの表示があれば使用することができます。

Suicaを交通機関で使用する場合は、全国の「ic」マークの掲示されたリーダーがある改札機などで利用できます。ただし、定期券は、関東の対応エリアのみです。

Apple Payで支払いをしてみた

実際にコンビニに行き、Apple Payで買い物をしてみました。
僕は、お店でおサイフケータイや電子マネーを使ったことがありません。そして初めてApple Payを使うので、少しドキドキしました。ソフトバンクカードは「iD」なので、レジで支払いをする際に、店員さんに、恐る恐る「iDでお願いします」と伝えました。(Apple Payでは伝わらない)
すると、店員さんが慣れた様子で、レジを操作して、「どうぞ」と言うので、レジ横のリーダー(非接触ICカードリーダー)に、iPhone7のホームボタンに指を触れながら(指紋認証)、iPhone7の上部をかざしました。
IMG 4096a

ホームボタンに指を触れながらiPhone7の上部をリーダーにかざして認識されると、「✔と完了」の文字が表示され、iPhone7がブルッと振動します。レジのリーダーからは音が鳴り、支払いが完了しました。
現金の出し入れが無く、あとは、商品とレシートを受け取るだけなので不思議な感じです。驚くほどスムーズに支払いが終わりました。
IMG 4099

支払いが完了するとすぐにMMSが送られてきました。利用金額やチャージ残高、Tポイントなどを確認することができます。この情報はソフトバンクカードアプリやMy SoftBankでも確認できます。
IMG 4101

リーダーにiPhone7をかざした時にホームボタンに指を触れてない場合は、「Touch IDで支払う」と表示されるので、そのまま指紋認証をすれば支払いが完了します。
IMG 4098

指紋認証をしたけど、iPhone7がリーダーと離れてた場合は、「リーダーにかざして支払う」と表示されるので、iPhone7をリーダーにかざせば支払いが完了します。
IMG 4100

 リーダーにiPhone7をかざす際、メイン登録したカードで支払う場合は特に操作は要りません。画面が消えてても、ロックされててもそのままでOKです。かざす距離は、10センチぐらいまで大丈夫です。
エキスプレスカード登録したSuicaで支払う場合は、指紋認証をする必要はありません。かざすだけで支払いが完了します。

使うカードをメインのカード以外に変える場合

支払いの際、ホームボタンに指を触れずにリーダーにかざして、メインのカードをタップするか押し下げると、他のカードを選ぶことができます。もしくは、あらかじめWalletを開き、使うカードを選んでおく方法もあります。

ロック中にWalletを素早く開く方法

Walletを素早く開くには、ロックされたまま、iPhoneのホームボタンをダブルクリックすれば、Walletが開きます。この設定は、変更することができます。「設定」→「WalletとApple Pay」

注意点

① iPhone7のApple Payのアンテナは、iPhone上部にあります。リーダーにかざす際は必ずiPhoneの上部をかざしましょう。

② Apple PayはiPhoneのバッテリーが無くなったり、電源が切れたら使えなくなります。

まとめ

お店で実際にApple Payを使ってみて、支払いのスムーズさに感動しました。ポケットからiPhoneを取り出して、ホームボタンに指を置きながら、リーダーにかざすだけで支払いが完了するので簡単です。チャージがiPhone上ででき、支払いごとの明細が見れるのも便利です。
支払いのたびに、いちいち財布をカバンから取り出したり、お釣りをもらったりする手間がなくなりスマートになりました。しかもソフトバンクカードなら自動的にTポイントが貯まります。
そして、Suicaで改札機を通る際は、iPhoneをかざすだけですぐに認識だれるので、Suicaカードと使い勝手が同じです。
iPhoneケースに、Suicaなどの交通系カードや電子マネーカードを入れて無理やり使う必要もなくなり、iPhoneも支払いもスマートになりました。
あとは、全国の交通系カードや定期券、ポイントカードなど、様々なカードにも早く対応することを期待しております。

関連記事「【iPhone7】感動!Apple PayのSuicaを使ってみた!

【iPhone7】感動!Apple PayのSuicaを使ってみた!

2016.11.04
SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend