【レビュー】お風呂でも使えるAnkerのポータブル防水Bluetoothスピーカー

Anker bluetooth speaker0

iPhoneなどのスマホの音楽を聞くために、いろんな所に持ち運べるポータブルタイプのBluetoothスピーカーを探してたところ、Ankerの「SoundCore Sport XL」がAmazonで高評価だったので購入しました。
この「SoundCore Sport XL」の一番の特徴は、IP67の防水&防塵規格をクリアしてるので、水場やアウトドアなどいろんな場所でもガンガン使える高い耐久性があるということです。そして外部充電用のUSB端子があるので、もしもの時はスマホなどを充電できるモバイルバッテリーにもなります。また、3.5mmのAUX入力端子があるので、Bluetooth機能が無い機器ともつなげるので便利です。

スポンサーリンク

開封レビュー

箱はAnkerらしいシンプルな箱です。
Anker bluetooth speaker1

蓋を開けると袋に包まれた「SoundCore Sport XL」が見えました。
Anker bluetooth speaker2

内容は「SoundCore Sport XL」本体、充電用Micro USBケーブル、ハンドストラップ、取扱説明書です。
Anker bluetooth speaker3

本体の重さは約600gなので持ってみるとずっしりとした重みがあります。
本体正面のメッシュの部分は金属で他の部分はラバー素材でできてるので衝撃に強そうです。
Anker bluetooth speaker4

本体上部には操作ボタンが並びます。
一番左が電源ボタン、中央が再生/停止ボタン、その両側が音量ボタン、一番右がBluetoothのペアリングボタンです。
Anker bluetooth speaker5

本体裏側には端子類があります。
Anker bluetooth speaker6

左が、スマホなどを充電できるUSB出力端子です。中央は3.5mmのAUX入力端子なので直接コードで機器と繋げます。右が本体充電用のマイクロUSB端子です。
Anker bluetooth speaker7

本体右上には、ストラップ用のバーがあるので、どこかにぶら下げて使うこともできます。
Anker bluetooth speaker8

ハンドストラップを付けてみました。
Anker bluetooth speaker9

SoundCore Sport XLをiPhoneとペアリングする

初期状態の場合は、他の機器とペアリングしてないので電源を入れればすぐにペアリングモードになります。
Anker bluetooth speaker10

ペアリングモードになれば、ブルーのLEDランプが点滅します。
Anker bluetooth speaker11

iPhoneの設定でBluetoothをオンにすると、その他のデバイスに「SoundCore Sport XL」が表示されるので、「SoundCore Sport XL」をタップします。
IMG 5629 2

ペアリングが完了すると、自分のデバイスのところに「SoundCore Sport XL」が表示され、接続済みになります。
IMG 5630 2

「SoundCore Sport XL」を使ってみた感想

Anker bluetooth speaker15
iPhoneを「SoundCore Sport XL」にペアリングして使い始めるのはすごく簡単でした。
一度ペアリングされると、次に「SoundCore Sport XL」の電源を入れた時に自動的にiPhoneに接続されるので、「SoundCore Sport XL」とiPhoneが離れてる場所にある場合など便利です。

音質について

このクラスでこの値段のポータブルスピーカーとしては良い方だと思います。音は結構大きな音が出ます。コンポのようには低音があまり響かないので、マンションやアパートなど音漏れに気を使う場所では良いです。

3.5mmのAUX入力端もあるので、Bluetoothを使わずに直接パソコンなどと繋ぐこともできます。
Anker bluetooth speaker16

操作について

・▷ボタンで再生、一時停止、
・▷ボタンの2回押しでスキップ
・▷ボタンの長押しでSiriの起動
・+−で音量調節
・ブルートゥースマークのボタンを長押しでペアリングモード

地味に便利だと感じたのはSiriが使える事です。この「SoundCore Sport XL」はスピーカーも内蔵しており、▷ボタンの長押しでSiriが起動します。なのでお風呂など、iPhoneを一緒に持っていけない場合などに、曲やプレイリストを選ぶのを、Siriに音声操作で命令できるので便利です。もちろんSiriなので、時刻を聞いたり、アラームをセットするなど音楽以外の事もできます。

Bluetooth通信なので、スマホとの距離は見通し距離で約20メートル離れても大丈夫です。僕の自宅の場合、iPhoneをリビングに置いてお風呂に「SoundCore Sport XL」を持っていっても大丈夫でした。

防水について

IP67の防水&防塵規格をクリアというのは、わかりやすく言えば、水没は30分以内は大丈夫。粉塵が内部に侵入しないという意味です。なので、お風呂などで水滴がかかる程度なら大丈夫ということです。
Anker bluetooth speaker01

バッテリーについて

バッテリー内蔵なので、いろんなところに設置できます。使い方にもよりますが、連続で約15時間再生できます。充電はマイクロUSBを使いますが、充電中しながら使うこともできます。
Anker bluetooth speaker12

USB端子に繋げば、スマホなどを充電することができるので、いざという時のモバイルバッテリーがわりになります。
Anker bluetooth speaker17

ストラップを取り付ける事ができるので、ぶら下げて使う事ができます。
Anker bluetooth speaker14

まとめ

僕は久しぶりにBluetooth機器を購入しました。Bluetoothもいつのまにかバージョンが4.1になって便利になりました。「SoundCore Sport XL」は防水&防塵で、この音質、この機能を搭載してるのに、Amazonで 6,000円を切る価格なのは非常にコスパが良いですね。

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります


フォローしていただけるとブログの更新情報が届きます

Facebookページを引っ越しました。
こちらも是非「いいね」をよろしくお願いします!



 


Add Friend      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA