AirPlayが途切れず音も飛ばせる|AirMac Express(第二世代)

AirMac Express(第二世代)を購入しました。
今まで自宅の無線LANルーターは、Buffalo製のAir Station WHR-G300Nを使用していました。
このルーターはApple製品と相性が悪く、接続が途切れる事がよくありました。
自宅には、Apple製品が多いので、Apple製品と親和性の高さと、AirPlayで音を飛ばせる事が魅力で、AirMac Expressを選びました。
また、プリンターとUSB接続出来るので、プリンターを無線化する事もできます。

SPONSORED LINK

開封レビュー

オシャレでシンプルなパッケージです

IMG_2681

 

箱の裏側には、商品の裏側の写真と説明があります

IMG_2682

 

箱を開けるといつものApple製品らしいパッケージです

IMG_2683

 

Apple TVと同じ形です
付属品は、設定ガイドとACアダプタのみです。

IMG_2684

 

左から、電源、WANポート、LANポート、プリンター用USB 、光/アナログオーディオ出力

IMG_2686

 

さすがApple
裏側にもしっかりロゴがあります
ゴムで滑り止めになってます

IMG_2687

 

設定

設定は簡単です
MacでAirMacユーティリティを開き、
ネットワーク名、ベースステーション名、パスワードを決めるだけです

IMG_2690

 

設定が完了

IMG_2691

 

iPhone、iPodtouch、iPadのアプリのAirMacユーティリティでも設定ができます。

ダウンロードはコチラから

AirMacユーティリティ App

カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

IMG_2689

 

Windowsの場合は、AirMac ユーティリティ (Windows)をダウンロードして下さい。

Airplayで音を飛ばす場合は、
オーディオ出力にステレオミニプラグを差し、スピーカーやオーディオ機器に繋ぎます。iPhoneやiPadなどのios端末のミュージックアプリや、Apple TV、MacやPCのiTunesのAirPlayで、スピーカーを選択するだけで、音を飛ばす事ができます。
下の写真はiPod touchのスピーカー選択画面です。

o0480085212510166695

 

まとめ

他のwifi機器の設定は難しく、めんどくさいのですが、このAppleのAirMac Expresは、とにかく設定が簡単!
あっという間に設定が終了しました。
iPhoneのアプリでも設定が出来るので簡単で便利です。
しかもこれだけ機能があって約10,000円は安い。

まだ1日しか使ってませんが、今のところ一度も接続は途切れませんでした。

Bluetoothと違い、AirPlayは音の劣化が全く無いので、音質は最高です。

手持ちのオーディオ機器やスピーカーがAirPlayで使える様になるので、AirPlay機能だけの為に購入するのもありですね。
ぜひ試してみて下さい!
追記:

1週間使用してみて

今までのBuffaloのルーターの時は、Apple製品のAirPlayやAirPlayミラーリング、Remoteの接続がよく途切れてました。
特に最初に使う時は認識せず、一旦wifiをoffにしてからwifiを入れ直す事で認識しましたが、その作業がいるので不便でした。

よく途切れるのは、iosやosXの仕様かと思ってましたが違いました。

ルーターをAirMac Expressに替えてから途切れる事がほとんどなくなりました。
ルーターがApple製ではなかったから相性が悪かったのだと思います。

AirPlayやミラーリング、Remoteが常に認識していて、いつでもすぐに使えてとても快適です。

SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend      

IMG_2681

Facebookでメッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA