「AirDrop」iPhone/iPadのワイヤレスで簡単にコンテンツ共有が出来る機能

iPhoneやiPadなどのios端末には、ワイヤレスでコンテンツ共有ができる便利な機能があります。かなり便利なのですが、以外と知らない人が多いので紹介します。

SPONSORED LINK

AirDropとは

無線通信でiPhone、iPadなどのios端末同士のデータを共有できる便利な機能です。携帯の電波を使わないので、無料で、圏外でも使えます。
通信は、BluetoothかWi-Fiを使います。2台が同じWi-Fiに接続していたらWi-Fiで、それ以外ならBlutoothで通信します。Bluetooth なら通信範囲は約10mです。

すごく簡単に説明すると、ガラケーの赤外線通信機能の送受信範囲が広い版みたいな感じです。

今まで目の前の相手に写真を送りたい時は、相手が目の前なのに、メールに添付したり、Lineで送信してたので、Wi-Fi以外の場所では携帯の通信費がかかりました。
でも「AirDrop」を使えば 、Wi-Fiが繋がらない場所ではBluetoothを使いますので携帯の通信費はかかりません。

そしてメールやLineには添付できなかったコンテンツ情報も送信できます。相手も送信側が使ったアプリが開きます。例えば、写真アプリから送信した場合は、相手も写真アプリで表示されます。

AirDropは、ios7からの機能です。

Mac同士にも、同じ機能がありましたが、MacとiPhoneとの共有は、OSX10.10「Yosemite」から対応してます。

AirDropが使える主なアプリのコンテンツ

[Apple純正アプリ]
・写真アプリの写真
・連絡先アプリの連絡先
・メモアプリのメモ
・Safariのウェブページ
・マップの地図情報
・iTunes /App Storeの商品情報
・Passbookのクーポン
・ボイスメモ

[サードパーティ製アプリ]
・Evernoteのノート
・Dropboxのファイル

 

AirDropが使える機種

・iPhone5以降
・iPodtouch(第五世代)
・iPad(第四世代)以降
・iPad mini

 

AirDropの使い方

AirDropを使うには、お互いにAirDropをオンにして、iPhoneのロックを解除している必要があります。

では、実際にAirDropを設定して使ってみます。ホームスクリーンを下からスワイプして、コントロールセンターを出します。
AirDropをタップすると、自動的にWi-FiとBluetoothがオンになります。
o0480085212693300287

 

 

「連絡先のみ」を選択したら、連絡先に登録している人のみ送信できます。
「全員」を選択したら、誰にでも送信できます。
o0480085212693300272

 

これで設定は完了です。

もちろん送信者と受信者の両方が設定します。あとは、送りたいファイルを選ぶだけです。まず、写真を送ってみました。
写真の左下のマークをタップします。
o0480085212693300255

 

 

AirDropのアイコンが、矢印のように相手の名前のアイコンに変わりますので、そこをタップします。(ちなみに相手が「受け入れる」を、タップする前にもういちどアイコンを押したら、送信がキャンセルされます。)
o0480085212693300280

 

 

すると、相手の端末に表示されるので、相手は「受け入れる」を選択したら、自動的に相手のカメラロールに保存されます。
送信先の機種が、自分のアカウントのios端末の場合は、無条件に保存されます。
o0480085212693300249

 

 

連絡先を送信してみます。連絡先の「連絡先を送信」をタップします。
o0480085212693300224

 

 

あとは、同じ要領です。相手の名前のアイコンをタップします。
o0480085212693300267

 

 

相手が「受け入れる」をタップしたら、相手の連絡先アプリに自動的に保存されます。
o0480085212693300264

 

 

メモを送信してみます。
メモの左下のアイコンをタップします。あとは同じ要領で進めます。相手のメモアプリに自動的に保存されます。
o0480085212693300221

 

 

Safariウェブページを送信してみます。
いちばん下、中央のアイコンをタップします。あとは、同じ要領で進めると、相手の画面に、自動的にウェブページが表示されます。
o0480085212693300231
 

まとめ

私は特に連絡先を簡単に交換できるようになったので嬉しかったです。
今までiPhoneで連絡先を友達と交換する時は、QRコードを使ってましたが、相手がQRコードの使い方がわからない場合が多く、手打ちで入力してました。
AirDropは分かり易く説明しやすいので、簡単に交換できます。

AirDropは簡単な操作で相手とデータを共有できるのでかなり便利です。
ぜひ使ってみて下さい。

SPONSORED LINK

★LINEで公式アカウントに登録すれば、ブログの更新情報が届きます★

Add Friend